「高そうなものを持ってるのね」

お茶を入れる嫁

彼の「うちのお袋は」の話を鵜呑みにしてはいけません。かわいい息子とそのパートナーでは目線が全然違ってくるものなのです。

彼の家に遊びに行ったり、夫の帰省に同行するような時には、「身ぎれいにして、印象を良くしよう」と思って、新しい服を下ろしたり、良いバッグを持って行くこともあるかと思います。女性同士だと、相手が身に着けているものが気になりますので、それらのアイテムを「高そう」と褒められることもあるでしょう。しかし、それは心からの褒め言葉ではないのかもしれません。

「高そう」は嫉妬混じりの「経済観念は大丈夫なの?」という気持ちのあらわれの言葉であることがあります。特に結婚前の場合、「誰か良からぬ人に買ってもらったんじゃないか?」というあらぬ疑いを掛けられることもあるので、注意が必要です。
 

「珍しい味」「変わった味」

手土産として持っていた食べ物や、キッチンを借りて作った料理を一口含んで出た「珍しい味」「変わった味」は、「まずい」「口に合わない」の柔らかい言い方かもしれません。所変われば味覚も変わります。塩加減が濃すぎる・薄すぎるもの、食べ付けないものを「美味しくない」と感じる人は少なくありません。

このような場合、自分では美味しいと思っていたとしても、「お口に合わなかったですか」と謝っておくことが無難でしょう。そのタイミングで、味の好みを聞き出すことができれば、今後の長い付き合いで気をつけるべきこともわかるはずです。

【関連記事】
・彼女はダメ嫁予備軍?ダメ嫁になる女性5パターン
・婚活女子必見! 彼ママ攻略~初対面編~
・両親への挨拶を拒む恋人は?
・親の反対で交際を諦めるのは悪いこと?
・彼氏の結婚願望はココに出る!



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。