アッサンブレとは?

アッサンブレのコツ

アッサンブレは片足跳び両足着地のジャンプです。とても種類が多いジャンプです。アッサンブレ攻略にお役立てください。

アッサンブレは 「集める」 という意味です。アッサンブレは、両足5番プリエから片足を床を滑りながら出し、バットマン・タンデュ・ジュテの要領で勢いよく床から離すと同時に軸足でジャンプし、着地する直前に両足を集めて5番プリエに着地する動きです。

アッサンブレは足が入れ替わるものもありますし、入れ替わらないものもあります。足は横・前・後ろとすべての方向に出す事が出来ます。移動するものもありますし、移動しないものもあります。とても種類が多いジャンプなのです。
   

横のアッサンブレ

一番オーソドックスなアッサンブレです。動足を横に出します。5番の後ろにあった足が前に入れ替わるアッサンブレを、アッサンブレ・ドゥシューと言います。ドゥシューは 「上に」 という意味です。

反対にアッサンブレ・ドゥスーは5番の前にあった足が後ろに入れ替わるアッサンブレです。ドゥスーは 「下に」 という意味です。
 

前後のアッサンブレ

動足を前か後ろに投げ出して行うアッサンブレです。足を入れ替えることは出来ませんね。
 

移動するアッサンブレ

アッサンブレのジャンプで移動しながら行います。アッサンブレ・ポーテと言います。ポーテは 「運ぶ」 という意味です。文字通り、上半身を運んで行います。前・横・後ろの全ての方向に移動する事が出来ます。
 

打つアッサンブレ

アッサンブレ・バチュと言います。バチュは 「打つ」 という意味です。通常のアッサンブレに加え、着地する直前に足を打ちます。

横のアッサンブレ、右足前5番の場合で考えて見ましょう。後ろの足が横に出て、着地の直前に後ろに入れて、両足を打って、後ろにあった足が前になって着地します。言葉にすると複雑ですねが、アッサンブレとロワイヤルが合わさったような動きです。
 

アッサンブレのコツ

とにかく動足で床を滑らすこと。これに限ります。プリエをしながら、動足を滑らすためには、足裏でしっかりと床を感じている必要があります。足裏で床を押す感覚です。これさえしっかり出来ていれば、踏み切りは簡単に出来ます。アッサンブレがシソンヌのようになってしまう場合、必ずと言っていいほど、動足で床を滑らせていません。これがシソンヌになってしまう原因です。アッサンブレは着地よりも踏切が肝心です。踏み切りを少し重くして、空中で軽やかに、が理想です。

空中では、動足は投げ出した方向の45度を保ち、軸足は真下に伸ばします。この形をキープするためにも、普段のレッスンでバットマン・タンデュ・ジュテの動かし方をマスターしましょう。

着地はとにかく床に吸い込まれるように、やわらかくランディングしてください。着地の手前で両足を集めるのをお忘れなく。

これでアッサンブレ攻略は万全ですね。みなさんのアッサンブレが、よりいっそう美しくなることを願います!

【関連記事】


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。