好きかわからない……結婚や恋愛に対する気持ちの見極め方とは

こんな症状があるときは、恋している!

こんな症状があるときは、恋している!

「彼のことを好きかどうかわからない!」と悩んでいる人は意外と少なくありません。
自分が恋に落ちているかどうかのバロメーターは何でしょうか?

“恋の予感”のバロメーターは色々ありますが、敢えて1つ挙げるとしたら、これです。

「会った次の日、心に“その人の良い余韻”があるか」

恋に落ちていない時は、すぐに心が切り替わって、他のことに夢中になってしまいますが、心が奪われていると、どうしても相手のことを考えてしまうもの。
そんな自分になったときは、「恋をしている」と言えるのかもしれません。

好きの反対は嫌いではなく、「無関心」です。
つまり、無関心の相手なのに、彼のことが頭から離れないということは、ほぼないはず。
もちろん、好きにも“度合い”はあるので、「手放しに好きになっている」状態とは限りませんが、会った次の日、心に“その人の良い余韻”がある場合は、それなりに相手に関心があり、心が奪われている証拠です。

ただ、心ではなく、“頭”で恋をしようとしている人は、それを認められないことはよくあることなのです。
 

好きかわからない=好きだと認めたくない?

好きなのに、認めたくないことも?

好きなのに、認めたくないことも?

人によっては、なにかしらの理由があって、「相手を好きだという気持ちを認めたくない」場合もあるものです。

例えば、
「彼のことが気になるけど、自分が理想とする条件ではない」
「友達だから、恋愛対象にはしたくない」
「相手が結婚している人なので、好きになってはいけない」
など。

そんなときは、どうしたらいいでしょうか?
すごく根本的なことを言ってしまうと、「好きだったら、必ずしも関係を深めなくてはいけないか」というと、そういうわけではありません。
好きなだけで良ければ、わざわざ関係を深めなくてもいいのです。


また、「好きな相手だから関係を進めた方がいい」とも言い切れません。時には理性で止めた方がいい関係もあります。

そんなときは、「好きだけど、関係は進めない相手」だと割り切ってみてはどうでしょうか?

その方が、本当は好きなのに認められなくて、「好きかどうか分からない」と思い込むよりも、意外と心がスッキリ解決するのではないでしょうか?

「好き」だと認めること自体は、そんなに難しいことではないもの。でも、いくら好きだとしても、そこから関係を深めるかどうかは、別の話です。そこを混乱させると、好きなことに気付かないふりをすることもあるでしょう。
 

結婚や恋愛を考える相手を「好き」だと思い込みたい場合も

恋していないのに、好きだと思い込みたいことも?

恋していないのに、好きだと思い込みたいことも?

さらに、逆のパターンを言うと、「相手を好きではないのに、条件が良いから好きだと思い込もうとする」人もいます。

その場合も、無理やり「好きなのかもしれない」と思い込ませるくらいであれば、「まだ好きではないけど、関係を進めてみたい相手」だと割り切ることもアリかもしれません。

もしかしたら、関係を深めることで相手を好きになることもありますし、どうしても好きになれなくて辛くなったときは、「自分は好きな人と付き合わないと幸せを感じないんだ」と、自分自身をより知ることもできるでしょう。その学びは、今後の恋愛に役立つものです。

結局、「相手を好きなのに認めたくない人」も「相手を好きではないのに、好きだと思い込みたい人」も、心(感情)と頭(頭で理想としている感情)が一致していないから、「好きかどうかわからない!」となるわけです。

そんなときは、一旦、心と頭を切り離して、自分を見つめてみることも大切です。
 

恋愛体質の人は、自然に恋をする

恋愛体質の人の特徴

恋愛体質の人の特徴

恋愛体質の人というのは、“頭で理想としている感情”に振り回されないから、自然に恋ができるとも言えます。

先日、恋多き男性として知られている俳優の方を取材しました。その方に恋について質問すると、こんな答えをいただきました。

恋ってやろうと思ってやるものではないよね。
友達を作るときも、作ろうと思ってなるものではないし、自然と『この人、面白い』と思ったりして、引き寄せられるもの。それは止められない。
恋も急に芽生えて、振り回されて、どうにもならなくなる。 理屈ではないですよね」と。

その方と話していて、思ったんです。
こんな風に「自分はこうでなくてはいけない」なんて制限を持たない人だからこそ、“頭で理想としている感情”に振り回されることなく、素直に心で感じている思いを大切にし、自然に恋をすることができるのだ、と。

さらに、その方とお会いして驚いたのが、「人に対して壁を作らない」こと。心がオープンで構えていないし、相手を受け止めるような大らかさもあるのです。

きっとそんな風に、人に対して心を開く彼だからこそ、意中の相手も自然と心が開き、恋が発展しやすくなるのかもしれませんね。
 

好きかわからない場合も焦らず、心の思いを素直に受け取る!

心の中に相手がいたときは、その気持ちを大切に!

心の中に相手がいたときは、その気持ちを大切に!

人は自分にも嘘をつくものです。
でも、心のどこかではその嘘に気付いているからこそ、心がモヤモヤするのです。

本当は「好き」なのに「好きではない」と思ったり、「好きではない」のに「好き」だと思い込んだりするのも、要は自分に嘘をついているのです。

大人になればなるほど、頭で考えて恋をしようとしがち。
「この人と付き合ったらどうなんだろう?」
「結婚する可能性はあるのかな?」
「結婚したらどうなんだろう?」とか。

でも、そんなことはひとまず置いといて、会った次の日、心の中に相手がいたときは、その気持ちを大切にしてみましょう。

もちろんそれが、不倫や二股愛などであればおすすめしませんが、単に「相手が理想の条件ではない」などであれば、素直に心に従ってみた方がいいと思いますよ?

なぜなら、もう恋に落ちてしまっているのだから!

【関連記事】
【お知らせ】
★新刊や活動のお知らせは、公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」をぜひ、ご覧下さい!


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。