グラン・パ・ド・ドゥでは表現力が大事

グラン・パ・ド・ドゥでは表現力が大事

ソロで出演する発表会は、ダンサーにそれほど高い表現力がなくても舞台として成立しやすい傾向があります。もちろん表現したほうがいいのですが、舞台としては成立してしまう。ですが、男性と踊るパ・ド・ドゥとなると、相手とのコミュニケーションが必要となってきます。アイ・コンタクトやポール・ドゥ・ブラでの表現力が必須となるのです。そのような表現力なくして、男性とのパ・ド・ドゥは舞台として成立しないものです。どのように表現力を養うか、研究してみましょう。


アイ・コンタクト

男性の目を見るのは、とても恥ずかしいことですね。日本人女性には特に…。でもこれをやらないと物語になりません。

パ・ド・ドゥでは女性と男性の愛の物語を表現しなくてはなりません。結婚式の場面や、男性を誘惑するような場面。その物語の主人公になりきることが大事になってきます。

物語の中心人物になるためには、その役柄を深く理解し、その役に入り込むことが必要となってきます。入り込めば、自然に男性の目を見て表現ができるようになります。

バレエの物語はどれも西洋文化を反映しているものが多いので、西洋人のオープンな表現が主流です。日本人の持つ侘び寂びの感覚ではどうしたって、表現できません。

じゃ、どうすればいいのよ! という声が聞こえてきそうです。まずは外国人が踊っているバレエの公演やDVDを観て、徹底的に目線や表情を研究してください。DVDでは、一時停止機能を使って、「これだ!」 と思う表情をまねしてみてください。普段のレッスンでも目線や、顔の向きなどを気をつけて踊るといいですね。そこに男性がいると想像しながら踊ると尚いいですね。


ポール・ドゥ・ブラ

通常のレッスンでは脚の動きにとらわれて、腕と顔の向きなどに注視した事がないかも知れません。ですが、物語の表現は上半身で行うものなので、どうしたって、ポール・ドゥ・ブラの動きの正確さが必要となってきます。

ポール・ドゥ・ブラでは、目線は手先を追いかけ、顔の向きもそれにしたがって変化させる。このようなポール・ドゥ・ブラの基本的なテクニックがないと、どうしたって、表現までたどり着けません。

ポール・ドゥ・ブラはバーのプリエやフォンデュなどの、ゆっくりな動きで多用されます。ゆっくりな音にあわせて、脚と腕のコーディネーションのほかに、目線と顔の向きに気をつけてレッスンしてみましょう。ポイントは流れるように動かすことです。腕と目線、そして顔の向きが流れるようにコーディネートされて動いたら、もうそれだけで立派な表現となります。


普段のレッスンで、男性がそばにいると思いながら、そしてポール・ド・ブラを意識して踊るだけで、表現力がアップします。ぜひ実践してください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。