休日など時間のある日には、いつもと違ったコースを走りたい。そんな方は、多いのではないでしょうか?そこで今回は、東京都心からも程近くにある『足柄峠』のランニングコースをご紹介します。都内ではなかなか得られない長く続く坂道で、走力アップを目指してみましょう。

[コース:山北駅(さくらの湯)→足柄城趾→山北駅(さくらの湯)]

温泉施設がランステ代わり

足柄峠は、神奈川県にあります。JR御殿場線「山北駅」で降りれば、そこがスタート地点です。駅を囲む山々に、大自然の偉大さを感じられることでしょう。
sakura

さくらの湯

足柄峠を走る場合、利用したいのが『さくらの湯』です。朝11時から営業している温泉施設で、なんとランステのように利用することができます。つまり、ここで着替えて荷物を置いたまま走り、戻ってきたらお風呂に入って、再び着替えられるというわけです。

料金は2時間400円、6時間700円。ランナー利用であれば、迷わず6時間を選びましょう。足柄峠は往復約26km。坂道ばかりのコースですが、6時間あれば全て歩いても戻って来られるはずです。

ただし、中には「11時なんて遅い!」という方もいるでしょう。そういう場合、同じ施設内にコインロッカーがあるので、そちらを利用してください。走り終わったら荷物を取り出し、2時間コースでお風呂だけ入ることが可能です。

コースはひたすら一本道

さくらの湯を出発すると、コースはほぼ一本道です。途中に案内地図もあるので、道に迷うことはほとんどありません。T字路とY字路が2個所ありますが、右を選べばコース通りです。
saka

坂道


まずは、足柄峠を目指します。到着するまで約13kmは、ほとんど上り坂と考えて下さい。平地も多少ありますが、基本は登り続けます。しかし、周囲は緑の生い茂る山ばかり。空気が美味しく、景色を楽しみながら走れば、思ったより苦にならないのではないでしょうか。

走力にもよりますが、初めて足柄峠を走る場合、目標は“完走”になるはずです。つまり、歩かず止まらず走り切ること。ある程度レースなどに出ているランナーでも、途中で歩いてしまうケースは多く見られます。

補給は自分で準備

saka

坂道

コース中、食料などを買う場所はほとんどありません。スタートして約2km地点にコンビニエンスストアがありますが、それだけ。その後は自動販売機や多少あるものの、お店は皆無です。水分や食料が必要な方は、必ず自分で持って走るようにしましょう。コース上は人も少ないので、特に夏場などは注意が必要です。

また、足柄峠は山を登るため、走ると気温が下がってきます。夏場でも、山頂はノースリーブで肌寒いくらい。ときには突然天候が変わることもあるので、温度調節ができるように服装・持ち物を準備しておくと安心です。

峠から見られる絶景

manyo

足柄万葉公園

登り切ると、足柄万葉公園があります。駐車場もあるので、仲間や家族にここまで水分など持ってきてもらうのも良いでしょう。

中には、ここで折り返すランナーもいます。しかし、せっかくなので峠まで行きましょう。足柄万葉公園峠からまでは、1kmもありません。ここまで走ってきたのであれば、まさに“ちょっと”の距離です。

shizuoka

静岡県との県境

走っていくと、静岡県の県境に到着します。神奈川県から静岡県へ。こういうのは、ちょっと嬉しいですね。

ちなみに、この付近は金太郎の里と呼ばれているそうです。周囲を見渡すと、金太郎の銅像などが見られます。

目的地は、足柄城趾。石で作られた看板の横に階段があるので、これを登ればゴールです。

 

fuji

峠から見える富士山

晴れていると、峠から見事な富士山を見ることができます。登山客や観光客など、ここからの絶景を見るために訪れている人も少なくありません。コース上でランナー以外に会うことは稀ですが、峠ではそうした人々に挨拶を忘れないようにしましょう。

登頂後のお楽しみ

峠まで走れば、あとは再びさくらの湯まで下って戻るだけです。もちろん同じコースを走って下っても良いのですが、ここで2つお楽しみをご紹介しましょう。

kodou

足柄古道

1)プチトレイル

公道の横に、山へと続く『足柄古道』があります。ここはプチトレイルコースになっており、ロードとは違った楽しみになるでしょう。そこまで急な道ではないので、トレイル初心者でも問題ありません。緑の中を走ってみるのも、リフレッシュになってお勧めです。

 

shusui

酒水の滝

2)酒水の滝

スタートから2km程の場所に、酒水の滝があります。「日本の滝百選」や「全国名水百選」にも選ばれており、多くの観光客も訪れるスポットです。時間に余裕があれば、立ち寄ってみると良いでしょう。実際に湧き水を飲む事もできますし、滝の近くは涼しくて爽快です。流れ落ちる滝を見ていると、走った疲れなど吹き飛んでしまいます。

まとめ

いかがでしょうか?

どうせいつもと違う場所を走るなら、坂道など普段は走れないようなコースを選ぶのも、良い練習になるはずです。さらに観光的な要素を取り入れれば、遠征もさらに楽しくなるのではないでしょうか。

毎日の練習に変化を取り入れながら、ランニングをもっと楽しんでみてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。