中学受験の社会の勉強方法とは

さて、学習法もいよいよ最後の科目、社会です。社会に対する誤解を2つご紹介しながら、正しい社会の学習法についてお話したいと思います。

bunnsatuhyakka

分冊百科や図鑑も結構役に立ちます


誤解1 社会は暗記科目だから、勉強を後回しにしても間に合う

長年指導をしていますと、教師から見てあまり不安なく入試に突入し、順当に合格を取る生徒には、ある特徴があることに気付きます。それはズバリ「4科目のバランスが良い生徒」です。「不得意科目がない生徒」は、安定的に志望校に合格していきます。ということはつまり、「不得意科目を作らないこと」が、志望校合格への近道であると言えそうです。

ところが、社会を苦手にしている生徒の中には「社会なんて暗記科目だから、後からいいや」と考えている人が少なからずいます。本当に後からでも間に合うのでしょうか。

中学受験の社会では、地理・歴史・公民の各分野から、バランスよく出題されます。そのいずれの分野も、かなり細かい知識力を要求されます。たとえば「宮城県で主に生産されているブランド米の品種は何ですか?」とか「1937年に日中戦争の引き金になった事件は何ですか?」とか「女性が一生のうちに生む子どもの人数を表す数値はなんと言いますか?」といった問題が、実際の中学受験では出題されるのです。これは、はっきり言って公立高校の入試問題よりも難しいレベルです。ちなみに、上の答はそれぞれ「はえぬき」「盧溝橋事件」「合計特殊出生率」です。

こんなにも細かい知識を要求されるのに(しかも上位校の場合、上記の問題は基本問題になります)、「まだ間に合う」とのんびりやっていると、ある日突然「もう間に合わないー!」となってしまいます。社会は後からでも、いくらでも追い付ける、という科目ではないことを、保護者の皆様は肝に銘じておいて欲しいと思います。

次のページでは、具体的な暗記のコツについてお話ししたいと思います。