丸写しレポートは、少し手を加えて自分の意見を付け加えれば、素晴らしいレポートに大変身するかも!?

丸写しレポートは、少し手を加えて自分の意見を付け加えれば、素晴らしいレポートに大変身するかも!?

同じクラスに同じレポートが2つ! あなたのお子さんは大丈夫?

文章・写真・絵・映像などには、その作成者だけが使う権利があるという著作権(コピーライト)があります。けれど、インターネット上の情報を簡単にコピペ(コピーして貼り付けること)できてしまう今、小学生でも、コピペは元より、自由研究サイトのプリントアウトに名前だけ書いて提出してしまうということがあるのです。その結果、同じクラスに全く同じレポートが2つなんてことも!

そこで今回は、レポートには欠かせない、正しい引用の仕方についてご説明します。

お子さんを叱る前に― 「コピペ」は悪いことじゃない!

お子さんの自由研究のレポートを見て、「本を丸写ししただけでしょ!」と叱ったことのある方、いらっしゃいませんか? でも、ちょっとお待ちください! もちろんそれだけではレポートとは言えませんが、ルールにのっとった丸写しやコピペは、レポートには必要なものなのです。

なぜならレポートには、他者の考えや意見が必要だからです。自分の考えの根拠として、それ以前に同じテーマを研究した人たちの考えを紹介しなければなりません。これまで積み立てられた先人の考えを理解し、その上で自分の意見を言うということですね。

そしてこれは、自由研究だけでなく、調べ学習や論文にも言えること。自由研究も学術論文も基本は同じ。慣れてしまえば簡単な、一生使える知識です。

他の人の意見はしっかり区別― 正しい引用の仕方

レポートに他者の意見が必要である以上、丸写しやコピペは悪いことではなく、むしろなくてはならないものだと考えましょう

レポートに他者の意見が必要である以上、丸写しやコピペは悪いことではなく、むしろなくてはならないものだと考えましょう

丸写しやコピペが悪いことだと思われがちなのは、正しく引用せず、自分の意見のように書いてしまうから。では、他者の意見は、どのように書けばいいのでしょうか。

本や図鑑、インターネットなどの文章をそのまま書き写して紹介することを「引用」と言います。引用するときには、その文章を「」(カギカッコ)でくくり、著者・出版年・タイトル・ページが分かるようにします。書き方の一例をご紹介します。
  • 引用した文章の近くに記入する場合
    引用文に続けて記入します。
    (例)私は、「ウサギの前歯はどんどんのびます」(ウサギ研究会(2013)『ウサギの話』動物出版 p42)ということから、次のように考えました。
     
  • 別に参考(引用)文献リストを作成する場合
    (例)引用文の後に番号をふり、リストにも同じ番号を記入します。
    【本文】私は、「ウサギの前歯はどんどんのびます」(1)ということから、次のように考えました。
    【参考(引用)文献リスト】(1)ウサギ研究会(2013)『ウサギの話』動物出版 p42
熱中して調べていくうちにごちゃごちゃになってしまうこともあるので、何かの文章を書き写す場合は、下記の2点に注意する習慣をつけることをおすすめします。

  1. 文章をそのまま書き写すこと(一字一句間違えないように。一文字でも変えてしまうと引用とは言えません)
  2. 文章をメモしたら、タイトルなど必要な事項も書くようにすること

インターネット上の情報の場合はURLとアクセス日、新聞の場合は日付と朝刊・夕刊なども上記の情報に合わせて記入しておきましょう。文章だけでなく、図表や統計なども同様です。

小学校低学年のうちは抜け漏れが当たり前ですが、「これは自分の意見かな?」「何かの本に書いてあったのかな?」というように確認してあげれば、案外慣れるもの。根気強く教える、周りの協力も必要です。

続いては、正しい引用により育つ「考える力」と著作権学習サイトのご紹介です>>