あなたのウェブサイトの情報をGoogleに正しく伝える

あなたの情報をインターネット上の読者に届けるには、基本的にGoogle(Yahoo!Japan)の検索結果に表示させなければいけません。そのためにはBという商品に関連する情報だということをGoogleに伝える必要があります。

その方法として、記事のタイトルや本文内にBの商品名を掲載したり、Bの使い勝手等、関連するキーワードを文中に含めることが重要です。他にも画像のタグ(altやtitle)に商品名を入れることも有効です。記事のURLや写真のファイル名を工夫することも重要です。Googleのセミナーを紹介する記事なのであれば、「googleseminar.html」という記事URLや「googleseminar01.jpg」というファイル名にするだけでも多少は変わってきます。地味な作業に感じるかもしれませんが、小さな積み重ねが最終的には大きな差になります。

ただ、読者のことも忘れてはいけません。Googleは読者に情報を的確に届ける努力をしているインフラで、あなたの記事を読むのは人間です。再度繰り返しますが、どんな人があなたの情報を求めているのか、あるいはどのような情報が求められているのかを察して、読み手にとって役に立つ記事を提供することを心がけましょう。

イベントに参加する意味

アフィリエイトサービスプロバイダーは、サイト運営者に向けてイベントや勉強会の開催、メールマガジン等での情報提供など、数多くのヒントを提示してくれています。自宅でコツコツとウェブサイトの更新をおこなうことも重要ですが、時には外に出て新たな情報を得てくるのも良いかと思います。

次の大型イベントはA8.netさんが2014年9月6日(土)に渋谷のヒカリエで「A8フェスティバル」を開催するので、興味のある方は申し込んで足を運んでみてはいかがでしょうか。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。