そもそもCVR(コンバージョンレイト)とは?

CVRの気にしすぎに注意しよう!

CVRの気にしすぎに注意しよう!

CVR(コンバージョンレイト)とは、「サイトにアクセスしてきた人のうち、何パーセントの人が商品の成約に繋がったのか?」という数値です。

例えば、あなたのサイトに100人分のアクセスを集めたとき、そのうち1つ成約が発生した場合CVRは1%という事になります。

つまり、少ないアクセスで成約に繋がればつながるほどCVRの数値は高くなります。逆に、成約に繋がるまでのアクセス数が多ければ多いほどCVRの数値は低くなります。

ECサイトの平均CVRの情報に注意

ECサイトとは、自社の商品をインターネットショップで販売しているサイトのことです。インターネットや書籍などで、ECサイトは平均CVRが1%という情報を見かけたことがある人もいると思います。

ECサイトの平均CVRが1%ということは、サイトに100人分のアクセスを集めれば1つ成約するという事です。

この情報を知った初心者のアフィリエイターの方ほど、「サイトを作って100アクセス集まったのにまだ成約しない」「100アクセスも集めないと成約しないの?」という様な悩みを抱えて、挫折しやすくなることがあります。

しかも、初心者アフィリエイターの方は「CVRの数値は狙ったキーワードによって大きく変わる」ということを理解していないため、CVRの数値で必要以上に悩みすぎている様です。

狙うキーワードによってCVRの数値は変化する

サイトアフィリエイトの場合、「どのキーワードでアクセスを集めるのか?」という検索キーワード選定がCVRの数値に大きく影響を与えます。

例えば、ブランド品の宅配買取のアフィリエイト案件の場合で考えてみると、自分のアフィリエイトサイト経由で1件ブランド品の無料見積もり査定の依頼が発生するたびに、アフィリエイト報酬が発生します。

このブランド品の宅配買取のアフィリエイト案件の場合、どのような検索キーワードでアクセスを集めるとCVRの数値が高くなると思いますか?

もし、あなたが「ルイヴィトン 財布」という検索キーワードでアクセスを集めようとしたとします。ルイヴィトンは有名なブランドなので「ルイヴィトン 財布」と検索している人は多いでしょう。

しかし、「ルイヴィトン 財布」というキーワードで検索している人をいくらアフィリエイトサイトに集めたとしても、ブランド品の宅配買取のアフィリエイト案件の場合、CVRの数値は低くなることが予測できます。

なぜかというと、「ルイヴィトン 財布」というキーワードで検索している人の多くはブランド品を売りたいという人ではなく、新たにルイヴィトンの財布が欲しいと思って検索をしている可能性が高いからです。

そのため、ブランド品の宅配買取のアフィリエイト案件の場合「ルイヴィトン 財布」よりも「ルイヴィトン 財布 見積もり」や「ルイヴィトン 財布 買取」という検索キーワードでアクセスを集めたほうがCVRの数値が高くなります。

このように、CVRの数値は検索キーワードによって大きく変わってきます。また、同じ検索キーワードでアクセスを集めたとしても、紹介するアフィリエイト案件やライティング力でもCVRの数値は変わってきます。

そのため、ECサイトの平均CVRの数値1%という情報に振り回されるのではなく、検索ユーザーのニーズとアフィリエイト案件が提供できるサービスや商品を上手に結び付けられるようなサイト作りや、検索キーワード選定を意識するように学びを深めていきましょう。

【関連記事】
アフィリエイト用語解説、CVRとEPCの違い
アフィリエイトにおけるターゲット設定の重要性



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。