リライトの意味を勘違いしていませんか?

リライトの注意点とは?

リライトの注意点とは?

インターネットで稼ぐ手法として注目を集めている、ブログやサイトで商品を紹介する物販アフィリエイトではブログやサイトを作るときに、紹介する商品の魅力を検索ユーザーに伝える為に文章を書く必要があります。

そこで、文章を書くのが苦痛と考える初心者のアフィリエイターほど「リライトした文章でも大丈夫かな?」と思うことがあるはずです。

リライトとは一般的には「原稿を書き直す」または「文章を目的に合わせて書き換える」という意味で使われています。

しかし、アフィリエイターの中にはリライトを「既にネット上にある他人の文章を書きなおして、その書き直した文章を自分のブログやサイトに使う。」という意味で解釈している人がいます。


リライトはペナルティの元

文章が苦手な初心者アフィリエイターにとって自分でゼロから文章を書くよりも、人の文章を書きかえたほうが作業的には楽だと思います。

しかし、例えば既にネット上に公開されているコンテンツの文章を書きかえて、その書き換えた文章を自分のブログに使ってもグーグルから「このブログの記事はコピーコンテンツ」と判定されてペナルティを受ける可能性があります。

もしペナルティを受けると検索順位が下がったり、どんなキーワードで検索しても検索結果にあなたのブログが一切表示されないという最悪の事態に陥ることもあります。


ネット上の文章にも著作権がある

ネット上に公開されているブログやサイトの文章は誰でも簡単に見ることができるからこそ「誰でもリライトして使っていいはず。」と安易に考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、ネット上に公開されている文章にも著作権があります。

そのため、著作権侵害で損害賠償請求を受ける可能性があるので人の文章をリライトして使うというのはとてもリスクが大きいのです。


誰にも迷惑を書けないリライトとは?

人の文章を書き直すという意味でのリライトはグーグルでペナルティを受けたり、著作権侵害で訴えられる可能性もある為、お勧めできません。

しかし、自分が書いた文章をより読みやすくするために書き直すという意味でのリライトであれば誰の迷惑にもならないですし、より一層紹介する商品の魅力を引き立てる文章になる可能性も上がります。

また、自分がブログやサイトで紹介している商品がリニューアルした時に、新しい情報に自分のブログやサイトの文章を書きなおすという意味でのリライトも検索ユーザーの役に立つ情報発信となります。

早く結果を出したいと焦っている初心者アフィリエイターほど安易なリライトに魅力を感じてしまうと思いますが、楽する為に人の文章を書きなおすリライトではなく、より検索ユーザーに分かりやすく読みやすいコンテンツを作るために自分の文章をリライトしましょう。

もし、どうしてもゼロから自分の言葉で文章を書くのが難しいという場合は「紹介する商品のどこに魅了を感じたのか?」という事を意識しながら広告主のサイトをチェックしてみてください。すると、ただ漠然と広告主のサイトをチェックするよりも、商品の魅力的なポイントが見つかりやすくなります。

また「どんな人に商品を紹介するのか?」という意識をしながら文章を書くのもお勧めです。例えば友達にこの商品を欲しがりそうな人がいた場合、その友達をイメージしながら文章を書くと、メールを打つような感覚で気軽に文章が書きやすくなります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。