アフィリエイトの収入に確定申告は必要か

今回の記事ではアフィリエイトと確定申告について解説していきます。

確定申告は毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年2月16日から3月15日までの間に所轄の税務署に行う必要があります。2015年分の確定申告期間は2016年2月16日(火)~3月15日(火)です。

確定申告|所得税|国税庁

確定申告|所得税|国税庁

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
確定申告|所得税|国税庁

確定申告の必要がある人って誰?

【1】個人アフィリエイターは原則として確定申告が必要

アフィリエイト収入やGoogle AdSense収入などで生計を立てている人は「必ず」申告してください。

【2】アフィリエイトなどの副業所得が、年間20万円超の会社員

会社員(給与所得者)でも、年間20万円を超える副業からの所得がある人は確定申告をする必要があります。収入の内訳は、アフィリエイトでも、Google AdSenseのようなクリック報酬型のサービスでも、アルバイトでも一緒です。年間20万円超の収入を得ている場合は、必ず確定申告の手続きをおこないましょう。

もし自分がどこに位置付くかわからない場合は、最寄りの税務署に相談しましょう。丁寧に教えてくれます。

期限は厳守!

2016年の確定申告は3月15日(火)までに最寄りの税務署に申告しましょう。期限ギリギリになると税務署も混雑してきますので、なるべく早い準備と申告を心がけましょう。相談するにしても、混雑している時よりも空いている時の方が落ち着いてお話ができます。

万が一、申告が遅れた場合でも無申告よりは申告した方がはるかに良いです。

経費は計上できるの?

経費はアフィリエイト報酬を得るために要した分だけ計上できます。ただし、なんでもかんでも経費にするのは止めましょう。経費に該当するものは、以下の様な費用になります(注:全額経費として計上するには、アフィリエイト用途のみに使っている事が条件となります)。

□消耗品費

10万円以下のパソコン、デジタルカメラ、プリンター、インク、パソコンソフトなど。10万円以上のパソコン等については、減価償却資産として減価償却を行う必要があります。

□新聞図書費
アフィリエイト業務に必要な関連書籍、情報誌、新聞等の購入代金など。

□通信費

インターネット回線・プロバイダー費用、レンタルサーバー代金、独自ドメイン代金など。

□旅費交通費

アフィリエイトの勉強会やイベントに参加するための交通費・宿泊費など。

□雑費

勉強会やセミナー、イベント、ワークショップなどへの参加費、ASPの振込手数料など。

>>ポイントや電子マネーも収入に?