相互リンクのお願いを出してもなかなか相互リンクしてもらえない。そんな時は、相互リンクの仕方を少しチェックしてみましょう。


相互リンクをお願いした相手が何を思うかを考える

たとえばこんな相互リンクのお願いがあなたに届いたとしましょう。あなたはどう感じますか?

はじめまして。
○×を運営しています△△といいます。
相互リンクをしていただきたいと思い、メールをしました。

下記ページにすでにリンクを済ませてあります!
http://www.xxx.xxx/xxxxx/link02.html

 

ぜひとも相互リンクをよろしくお願いします。

-------------------------------
○× 管理人△△

相互リンクの基本である「自分からリンクすること」は守られていますし、一見、普通の相互リンクメールだと思うかもしれません。しかし実際受け取ったらあなたは相互リンクをしたいと思うでしょうか。もしかすると、下記のような気持が湧いてくるのではないでしょうか。

・面倒だなぁ…
・なんだか失礼なメールだなぁ…
・ジャンルが違うし、どうしようかなぁ…
・このサイトできたて?私のサイトに利点はあるのかなぁ?
・大勢に一括で出したメールじゃないの?
・リンク用の文句を考えるのもおっくうだなぁ。

サイトマップ例
メールの内容によっては相手に不快に思われてしまうこともあるのです。

もう一度、先ほどの相互リンクメールを見てください。まず、宛名を書いていません。メールの冒頭には「サイト名と管理者名」または「サイト名 管理人様」といった記載があるべきです。これでは「一斉送信」で同じ内容のメールをただバラまいたと思われても仕方がないでしょう。

また、自分について述べているのは名前(またはハンドル名)とサイト名だけです。これではこの人のサイトが何をしているサイトなのかもわかりません。サイト名からしか推察できませんね。せめてどんなサイトなのかを簡潔に述べるべきでしょう。

さらに相手のサイトとジャンルが違う場合はさらに問題です。なぜ、相互リンクのお願いを相手サイトに出したのか、疑問を持たれてしまいます。やみくもにサイトの管理者のメールアドレスを集めて一斉送信したのでは?と思われてしまいます。基本的に、ジャンル違いのサイトからリンクをもらっても被リンクの効果はあまり得られませんので、嫌がられる可能性も高いです。

さらに、この相互リンクのお願いメールには問題があります。