前ページで紹介したメールをもう一度見てみましょう。

はじめまして。
○×を運営しています△△といいます。

相互リンクをしていただきたいと思い、メールをしました。

下記ページにすでにリンクを済ませてあります!
http://www.xxx.xxx/xxxxx/link02.html

ぜひとも相互リンクをよろしくお願いします。

-------------------------------
○× 管理人△△

他にどんな関係があるのでしょうか。気がつきにくいかもしれませんが、以下のような関係があるのです。


サイトの情報がない相互リンクのお願いは出してはいけない

上記の相互リンクのお願いメールをよく見てください。サイトの情報は何が書かれていますか?まず、サイト名は発見できます。サイトURLは?…ありません。リンクを貼ったというページURLは書かれていますが、トップページのURLはありませんね。

サイトを作っている人はたいてい、これを見ればトップページは「http://www.xxx.xxx/」か、「http://www.xxx.xxx/xxxxx/」だろうと推測して、調べることはできますが、わからない場合だってあります。必ずサイトトップページのURLは記載しましょう。

さらに、「サイトの紹介文」を添え、ましょう。たとえば、

■オールアバウト … ジャンル別に専門のガイドが編集した記事がズラリ!知りたいことがきっと見つかります。

といったように、通常、相互リンクのお願いの際には自分で自分のサイトの説明文を考えて添えるのが主流になっています。上記相互リンクのお願いメールにはそれもありません。これでは、相互リンク依頼を受けた相手が送り主のサイトの内容を考える必要がありますね。

このように、依頼主のサイトの情報がないと、依頼されたほうは「相互リンクしよう」という気にはなりません。自分のサイトの情報はしっかり、かつ簡潔に書いておきましょう。


意外に忘れがちなのが、相手のサイト名

相互リンクをお願いします!と、自分のサイトの情報をきっちり載せて送っても、何の返事もない…その理由としてやってしまいがちなのが、「相手のサイト名を書かない」というものです。

その相手が一つしかサイトを運営していないなら、「サイト名くらい書いてくれよ~」と思いつつもリンクをしてくれるかもしれません。しかし、一人で複数のサイトを運営してる人も多いですから、サイト名は書くべきです。


件名はシンプルに

件名を見て、「宣伝」と間違えられてしまうようなものであってはメールを開いてくれない可能性もあります。また、「ペンネームさんへ」というような親しげな件名も誤解を招き印象を悪くしてしまうかもしれません。



Yahoo!JAPAN解説ページ
受け取った相手が読んでいることを想像しながら書くことも大切です。


手間を取らせていはいけない

相互リンクをお願いするときにもっとも考えなければいけないことは、「相手に手間を取らせない」ことです。「リンクをしてもらう」のに、サイト名しか掲載せず、URLを推測し、説明文を考えなければいけないようなメールを出したのではおそらく相手にされないでしょう。最近の相互リンクのメールは、その程度の情報は載っていることが多いからです。

もし、相互リンクのお願を出しても反応が悪い、という場合は何かしらの情報が欠けている可能性があります。いま一度調べてみてはいかがでしょうか。

相互リンクの依頼メールに書かなければいけないことをまとめておきます。

・自分の名前
・自分のサイトの名前
・自分のサイトの内容を簡単に紹介
・自分のサイトの紹介文(25文字程度/50文字程度などいくつかパターンがあればベスト)
⇒「適当に編集していただければと思います」など、自由に変えていい旨書き添えておくと丁寧です。
・相手のサイトの名前
・リンクしたページのURL
・あるなら、バナーのURLまたは、バナーを表示しているページのURL
⇒画像を添付して送るのは避けたほうが良いです。添付ファイルには警戒心を持つものなので、はじめて送る人相手に添付ファイルは避けるべきです。

さらにできれば、なぜその相手サイトを選んだかの理由や、相手サイトを見ての感想などを添えられると、さらに相互リンクをしてくれる可能性がアップします。ぜひ参考に、相互リンク依頼メールを用意してみてください。

下記に前ページでご紹介しました相互リンク依頼メールを書き直したものを例としてご紹介します。参考にしていただければと思います。

----------

件名:相互リンクのお願い

△○△ ☆☆様

はじめまして。
○×を運営しています△△といいます。

貴サイト「△○△」と相互リンクをしていただきたいと思い、メールをしました。

私の運営するサイト「○×」は、車好きの私が、車についてあれこれと情報を載せているサイトです。
特に○○が好きで、写真やコラムも載せています。

あなたのサイトを拝見していましたら、同じ車のサイトでも「××」について詳しく載っているのが印象的で、
興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。

ぜひとも私の「○×」と相互リンクをしていただけませんか?

もちろん、私のサイトからは既にリンクを済ませてあります。
http://www.xxx.xxx/xxxxx/link02.html

私のサイトの情報は下記のとおりです。

サイト名:○×
サイトURL:http://www.xxx.xxx/xxxxx/
サイト紹介文:
車好きがお届けする車情報サイト。○○情報が豊富。(24文字)
車好きの管理者がお届けする車情報サイト。写真やコラム、ドライブ日記等。特に○○の情報が豊富です。(48文字)
※適当に編集をしていただければ幸いです。

もし、リンクをしていただけましたら、ご一報いただければ幸いです。

本日はメールをお読みいただきありがとうございました。

-------------------------------
○× 管理人△△
http://www.xxx.xxx/xxxxx/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。