価値のある情報を提供し続けることが大切

このセミナーの一番伝えたかったことはまさにこの一言です。価値とは人それぞれ違いますが、アフィリエイトという切り口で言うのであれば「広告主のウェブサイトに掲載されていない情報が掲載されている」というのは一つの価値になります。

商品のスペックや解説文など、どこかで見たことのあるような情報ばかり掲載されているウェブサイトと、使い心地や効果など、自分の体験談を自分の言葉で紹介しているウェブサイト、どちらの方が読者は価値を感じるでしょうか。もちろん機能面を知りたがっている人には前者のウェブサイトの方が価値を感じるでしょう。でもスペックや機能は広告主のウェブサイトが一番詳しく掲載されているわけです。どうしても最終的にはメーカーや広告主のサイトが一番信用されるのです。

しかし、感想を知りたがっている読者にとっては後者のウェブサイトの方が有益だと感じます。これこそが、個人のウェブサイト運営者が得意とする分野のはずです。メーカーと同じ土俵で勝負してもしょうがないのです。

Googleの考えは「Aという情報を求めている人に、最適な検索結果を掲示する」という非常にシンプルな理念で動いています。「自分の情報を求めている人はどんな人か」ということを常に考え、記事を公開していくことであなたの独自性が際立ち成果に繋がるはずです。