子犬をしつけを失敗させてしまう、飼い主の行動とは?

できるなら愛犬といい関係を築きたい。子犬を連れて来た時(成犬であっても)、誰もがそう思うことでしょう。しかし、残念ながら、しつけがうまくいかない、失敗してしまうこともあります。一生懸命やっているつもりでも、何がいけなかったのか?と悩んでしまうこともあるでしょう。そこで、この記事では、しつけの成否に影響すると思われる、普段何気なくやっている飼い主自身の“行為”について考えてみたいと思います。


1.子犬だからしつけはまだ可哀相と、ずるずる先延ばししていませんか?

子犬

トイレのしつけは子犬が来たその日から始まる。社会化の意味合いの強いしつけも早期から。ただし、家にやって来てから新しい環境に慣れるまで1~2週間はかかるので、その間はまず環境に慣れることを優先:(c)GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/amanaimages


まだ幼い子犬に「何かを教える」と考えると、なんとなく可哀相な気がして、ついついしつけを始めるタイミングがずるずると遅くなってしまっているということもあるのではないでしょうか。

一口にしつけと言ってもその範囲は広く、トイレの場所を覚えさせるといった生理的なものから、性格形成やストレス耐性にも関わる犬としての素地を作り上げるための社会化的意味合いが強いもの、そして、「スワレ」「フセ」「マテ」など生活上必要な実践的なしつけまで含まれます。

この中で、トイレのしつけは子犬(成犬も同じ)が来たその日から始まります。

体のどこを触っても大丈夫なようにしたり、いろいろな物や人、音などに慣らしたりといった社会化的な意味のしつけも極力早期から始めたいところですが、子犬が新しい環境に慣れるまでには少なくとも1~2週間かかり、その間は体調を崩しやすくもあるので、無理はせず、まずは環境に慣らすことを優先したほうがいいでしょう。

子犬が環境に慣れた頃を見計らって、社会化的トレーニングを始めるのがいいかと思います。その後、徐々に「スワレ」や「マテ」なども教えていくことになるわけですが、子犬相手であると「ま、いいか」と教えるタイミングを逃し、気がついた頃にはすでにそこそこ成長していて、すでに困った癖がついていたということもあるのではないでしょうか。

たとえば、甘噛みに関しては、生後4ヶ月半頃までには抑制できているのが望ましいとされるので、それまでのんびりしていると噛みが?くなってしまう可能性もあります。子犬と遊んでいる時に強く噛んでくるようなら、「あっ!」とか「痛い!」など注意を引く声を出し、口を離したなら褒めてあげるということを繰り返して教えていくといいでしょう。

タイミングと言えばもう一つ。犬を褒める時に、「それがいいことなんだよ」と印象づけるためには、望ましい行動の1~2秒以内に褒めるのがベストです。そのタイミングがずれていることで、子犬にとってはその行動と褒められていること(いいこと)とが結びづきずらく、結果的になかなかその行動を覚えないということもあるかもしれません。

いずれにしても、タイミングのずれが、しつけがうまくいかない原因になっていることがあります。

関連記事:
愛犬のしつけ・トレーニングの基本


2.事あるごとに愛犬を抱っこしていませんか?

だっこ?れている犬

抱っこはスキンシップにもなるが、抱き癖をつけてしまうと困ったことになることも…。また、犬は抱っこされる(抱きしめられる)ことがあまり好きじゃないという研究結果もあった。この写真の犬も鼻の頭をなめているが、もしかしたら抱っこされているのがストレスなのかも?(鼻の頭をなめるのはストレスサインの1つである場合もある):(c)DAJ/amanaimages


子犬は可愛らしく、つい抱っこしたくなるものです。頼りなげで、柔らかい小さな体を抱き上げた時、そこにはそこはかとない幸せを感じることでしょう。幼い分、守ってあげたくなります。しかし、子犬が寄ってきたからと抱き上げ、せがまれては抱っこし、散歩の時にも抱っこ。可愛いあまりに抱き癖をつけてしまったら……。

残念ですが、犬による咬傷事故はなくなってはいません。意外に目立つのが、飼い主に抱かれている犬を撫でようと手を出して咬まれてしまうケースです。犬にしてみれば飼い主という後ろ盾がいる分、気が大きくなることもあり、また、逆に知らない人が怖くてその場から逃げたいと思ってみても、抱かれているだけに逃げられるだけの余裕もなく、つい咬んでしまうということもあります。

誤解のないように言っておくと、何も抱っこをすることが悪いことだというのでは決してありません。むしろ、飼い主とのスキンシップ、体のどこを触っても大丈夫なように馴らすといった意味合いにおいても抱っこは有効です。ただ、あまりに抱き癖をつけてしまうと飼い主に対する依存度も増し、場合によってはわがまま犬となってしまうことがあるので注意が必要でしょう。

参考までに、中には、「犬を抱っこすると目線が高くなる分、相手に対して自分のほうが優位だと思ってしまうので抱っこはあまりしないほうがいい。少なくとも自分より犬の目線が高くなるように持ち上げたりしない」「寝転んでいる時に自分のお腹の上で子犬を遊ばせると目線も人間より高くなり、かつ、人間がお腹をさらけ出しているということは犬のルールからすると下位にある個体がすることなので犬に勘違いをさせてしまうためよろしくない」といったような意見もあります。

それについては、否定するつもりはありませんが、あまり神経質に考えすぎなくてもいいだろうとガイドは考えています。なぜなら、その理論でいけば絶対的に大型犬のほうが小型犬より優位になるはずですが、大型犬と小型犬とが同居しているご家庭では、逆に小型犬のほうがリーダーシップをとっているケースが多くあります。また、日本の住宅事情では布団に寝ることも多く、当然目線は犬とほぼ同じ高さになります。そうした生活を送っていてもちゃんと愛犬をコントロールできている飼い主さんもこれまた多くいます。

実際、ガイドの愛犬は毎朝ガイドのお腹の上に乗り、顔を舐めたり、前足でカリカリして起こしてくれました。明らかにガイドを見下ろしている状態です。しかし、「どいて」と言えばどきますし、散歩でもリードをぐいぐい引っ張るようなこともなく、わがままに振舞うようなコではありません。

要は、目線の位置云々ではなく、自分が愛犬を守り、周囲に迷惑をかけない程度のしつけを入れ、コントロールできるようにならなければいけないという「飼い主としての目線」をもっているかどうかということこそが大事なのだと考えます。

ただし、確かに目線が高いということは圧迫感も与えますし、優位性を感じることもありますので、幼い子供が一緒の時などは配慮したほうがいいかもしれません。


3.叱る時に、つい愛犬の名前を呼んでいませんか?

叱られている犬

飼い主に自分の名前を呼ばれるということは、犬にとって気持ちのいいこと、楽しいこと、嬉しいことでありたい:(c)PRESS AND ARTS/a.collectionRF/amanaimages


「健太! こらっ! 何やってるの!」
つい言いがちですよね。近年では褒めてしつけるトレーニング方法が主流となってきていますが、それでもやはり、愛犬がどうしてもして欲しくないことをした時には叱る必要が出てくることもあります。

叱られるのは犬だっていい気分はしません。ましてやその時に自分の名前を呼ばれていたのでは、名前が負のイメージにつながり、以降、名前を呼ばれる度にびくびくと萎縮したり、性格によっては反抗的になってしまうことも。こうなるとしつけもスムーズにいかなくなってしまいます。

愛犬の名前を呼ぶ時には、いいことと結びつけてあげたいものです。


さらに次のページへ続きます。