犬を迎えたならば、まず最初に何を覚えてもらいたいか? それは、トイレです。トイレトレーニングに失敗すると、後々苦労も多くなってしまいます。なるべくスムーズにトイレを覚えてもらうために、トレーニングのポイントをおさえておきましょう。


トイレトレーニングは子犬が来たその日から

子犬

トイレトレーニングは子犬がやって来たその日から始めるほうが失敗もより少ない:(c)GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/amanaimages


子犬を迎えるにあたって、トイレトレーニングはいつから始めたらいいのだろう?と迷っている方もいらっしゃいますが、子犬がやって来たその日から始まるとお考えください。

して欲しくないところでしてしまい、来たばかりなのだから仕方ないと、その粗相を許していれば、子犬はそこでトイレをしてもいいんだと思ってしまいます。一度ついた癖を直すには時間もかかるもの。排泄は毎日のことですから、子犬に余計なストレスをかけず、よりスムーズに覚えてもらうためにも、やって来た初日からトイレトレーニングを始めたいものです。

中にはブリーダーさんや元の飼い主さんなど、子犬がそれまでいた場所でトイレトレーニングが完了している場合もありますが、だから大丈夫と思い込むのは禁物です。環境が変わったことで失敗することもあるので、最初からトレーニングをやり直すつもりでいたほうがいいでしょう。


トイレ用品をチェック

トイレトレーニングに必要なのは、主に以下のようなものです。このグッズ選びが、トイレトレーニングがうまくいくかどうかのポイントになることもあります。

■犬用トイレ
場合によってはトイレトレーの段差を嫌がることもあるので、子犬のうちはなるべく段差が低めのもののほうがいいでしょう。

トイレシートを齧ってイタズラしてしまう子犬では、誤飲の危険も生じます。そのような場合、シートをイタズラできないよう、上からネットでシートを挟み込むタイプのトイレトレーもあので、子犬の状況によってお選びください。ただし、それでもものによっては器用に取り外してしまうコもいます。イタズラ好きの子犬は、注意深く観察することをお忘れなく。

なお、トイレトレーは使わずに、トイレシートだけでトレーニングをすることもできます。特に、トレーの段差を嫌がるような子犬では、シートのみでのトレーニングで大丈夫でしょう。

 
■ケージ、サークル
最初のうちは、なるべく失敗を防ぐという意味でも、寝場所とトイレを少し広めのケージ、またはサークルで囲みます。下の画像のように、寝場所とトイレとが区切れるタイプのものであると、トイレの場所をより意識しやすくなるので、ガイドとしてはお勧めです。天井は必ずしも必要というわけではありませんが、天井付きであれば、子犬の飛び出しも予防できるでしょう。

なお、作りによっては、子犬がぴょんぴょん飛び跳ねているうちに、足を柵の隙間に挟んでしまうということも稀にあるので(特に扉の周囲の幅が細くなっている部分)、心配な場合は、子犬の足の細さとケージの柵の幅とを考慮したほうがより安全かもしれません。


 

■トイレシート
トイレシートがおしっこで濡れたままであると、トイレをすること自体を嫌がることがあるので、シートは吸水性が高く、表面も極力さらっとするタイプのものを選びたいものです。加えて、シートの端からおしっこがもれないか、逆戻りがないかもチェックしたい点です。さらには、臭いも軽減できるものであるとなおよし。

シートが滑ってしまってトイレをしたがらないということもありますが、そんな時にはテープでシートを動かないように止めてしまうというのも1つの手です。

 

■消臭剤
トイレトレーニングには失敗・粗相はつきもの。おしっこやうんちの匂いが残っていると、また同じところに粗相をしてしまいがちです。粗相をした場所は、消臭剤を使って臭いが極力消えるよう、しっかりお掃除をしておきましょう。

■防水シート、新聞紙など
その他、必要に応じてトイレの下に敷く防水シートや新聞紙、タオルなどをご用意ください。


子犬がトイレをするタイミング

すやすや眠っている子犬

トイレをしやすいタイミングというのをなるべく逃さないように:(c)officek/a.collectionRF/amanaimages


トイレトレーニングをするにも、四六時中、子犬の様子を観察しているのはこちらも疲れてしまいますよね? 子犬がトイレをするタイミングがある程度わかっていれば、様子を見るにも少し楽になります。

子犬は、主に以下のような時におしっこややうんちをしたがるもの。うまくタイミングをとらえてトイレトレーニングに生かしましょう。

  • 寝起き
  • 食後
  • 遊んだ後、興奮した後    など
    参考までに、子犬の膀胱がおしっこで満たされる時間は、生後3週齢で約45分、生後12週齢で約90分、生後18週齢で約2時間とされます(「ダンバー博士の子犬を飼う前に」イアン・ダンバー/レッドハート株式会社)より。