犬に与えていいお茶はある?

犬undefinedお茶undefinedハーブティーundefined緑茶undefined紅茶undefinedほうじ茶undefined麦茶undefined与えてもいいundefined与えちゃダメ

犬に人間用のお茶は飲ませても大丈夫?


紅茶、緑茶、ほうじ茶、ハーブティーなど、スーパーやコンビニエンスストアでも気軽に購入できるお茶。少量でも犬には与えて欲しくないお茶と、健康状態を見ながら少量であれば与えられるお茶があります。

<INDEX>

  1. カフェインが含まれるお茶、ジャスミンティーは犬にはNG!
  2. 少量であれば、犬に飲ませてもいいお茶
     

カフェインが含まれるお茶、ジャスミンティーは犬にはNG!

犬undefinedお茶undefinedハーブティーundefined緑茶undefined紅茶undefinedほうじ茶undefined麦茶undefined与えてもいいundefined与えちゃダメ

犬にカフェイン入りのお茶は与えないこと


犬にカフェインが含まれたものを与えると、けいれんや興奮状態に陥ったり、最悪の場合は命を落とす危険性も考えられます。犬の健康に悪影響を及ぼす量には個体差があるため、犬に飲ませたり、誤って飲むことがないように注意してください。

主に、

・烏龍茶
・緑茶
・紅茶
・ほうじ茶
・玄米茶
・抹茶

などのお茶にはカフェインが含まれているため、注意が必要です。

ジャスミンティーはカフェインが含まれている品種があるだけではなく、けいれんや発作などの中毒症状が出るという報告もあります。こちらも同様に、犬には飲ませないようにしましょう。

カモミールティーを犬に飲ませる安全性は明確にはわかっていませんが、カモミールの精油は皮膚炎やアレルギー反応に繋がるとの報告もあるため、念のため避けておいた方が安心です。


少量であれば、犬に飲ませてもいいお茶

犬undefinedお茶undefinedハーブティーundefined緑茶undefined紅茶undefinedほうじ茶undefined麦茶undefined与えてもいいundefined与えちゃダメ

水分補給のサポート程度にとどめましょう


一部のハーブティー、お茶は犬に与えても大丈夫とされていますが、どれも薄めに煮出したものを人肌以下に冷まし、同じものを毎日与え続けないようにしてください。

  • 黒豆茶
アントシアニンによる抗酸化作用で、エイジングケアが期待できます。
  • ミントティー
東洋医学においてミントは消化のサポート、不安を和らげたり熱を取り除く作用があるといわれています。
  • たんぽぽ茶
ビタミンA,Cといった皮膚や粘膜を整えたり抗酸化作用のある成分が含まれています。また、体内の余分な水分や老廃物を排泄させたり、消化を助ける作用があるともいわれています。
  • はとむぎ茶
はとむぎは東洋医学では肌の調子や胃腸の働きを整えるといわれています。
  • ルイボスティー
豊富に含まれるフラボノイド類に抗酸化作用があるという研究報告があります。

ブレンドティーはカフェインを含む他の品種や茶葉が含まれる可能性もあるので、犬に飲ませることは避けてください。


それぞれにのお茶に含まれる成分によって期待できる働きはありますが、メーカーによって栄養素に差が出る可能性もあります。また、お茶は薬品ではないため、病気を治すためのものではありません。病気や治療に関することはかかりつけの獣医師に相談してください。

お茶は基本的にミネラルが豊富に含まれているので、ミネラルに左右されやすい病気を持っていたり、薬によっては効果に悪影響を及ぼす可能性もあります。治療中や持病のある犬に飲ませることは避けておきましょう。


【関連記事】
犬にいい飲み水の選び方は?飲ませる量の目安
犬に牛乳・生クリームを与える時に注意すべきことは?
犬にチョコレートを食べさせると危険!その理由は?



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。