ポイント2 良いFC本部を探すこと

日本フランチャイズチェーン協会(JFA)に加盟しているFC本部は100社ほどですが、日本には1200社ほどのFC本部があるといわれています。今はネットで多くの本部情報を知ることができますが、大々的な宣伝をしていないところでも、自店に惚れ込んだ利用客や法人のラブコールを受けてひっそりとFC契約を結ぶというケースも少なくありません。

この1200社を「FC本部」とひとくくりにしていますが、実態は加盟者に対して十分なノウハウもサポートも提供しない「名ばかりFC本部」もあれば、加盟者をビジネスパートナーとして尊重し、共存共栄を真摯に追求するFC本部も存在します。「名ばかりFC本部」が極端な例かといえば、決してそうとはいえないというのが、実情です。

素晴らしいFC本部ももちろんたくさんありますが、残念ながら誰が加盟しても成功が確約されている本部というものは存在しません。FC本部が素晴らしい理念を持ち、運営をしていたとしても、それが加盟者の価値観や方針に合っていなければ、絵に描いた餅に過ぎません。つまり、「良い本部かどうか」は「あなたにとって良い本部かどうか」ということが大切なポイントになるのです。

「あなたにとって良い本部か?」を判断するポイントは次の通りです。
  • FC本部の理念や考え方に心から共感・共鳴できるか
  • このFC本部となら何十年も一緒にやっていけると確信できるか
  • ビジネスパートナーとして自分もこの本部の力になりたいと感じるか

ポイント3 自己責任の原則を理解すること

フランチャイズビジネスの大原則は、本部も加盟者も独立した事業者であるということです。大金を払って加盟した以上、「もっとサポートしてくれ」「あれもこれもやってくれ」と思いたくなるのは人の道理でしょう。しかしこの気持ちがエスカレートして、「売上が上がらないのは本部のせいだ」、「バイトがすぐ辞めるのも本部のせいだ」と、問題を全て本部のものとすり替えるようになってしまい、自身で解決も図らずに店をつぶしてしまうというケースも多々あるのです。
FC加盟者は、本部のビジネスパートナーであり、独立した事業者です。
成功できるか否かは、自分の責任にかかっているということを十二分に理解することが必要です。

ここで取り上げた3つのポイントは、FC加盟成功の十分条件ではありませんが、必要条件であることは間違いありません。加盟のためのアクションに取りかかる前に、ぜひこの3つのポイントを心に留めておくようにしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。