介護ビジネスについて

全体人口の中でも高齢者率の増加は、右肩上がりの状態になります。今後もしばらくこの傾向が大きく覆されることはほぼないといっていいでしょう。具体的には、人口の右肩上がりは2055年まで続くと言われています。保障制度や介護システムが揺れ動く中、介護のフランチャイズの需要は高まり続けることでしょう。

既に現在、日本に住む介護を必要とする人口は450万人に及んでいます。このまま増え続けると65歳以上の高齢者は約3,000万人以上になると言われています。超高齢社会へ向けて、ニーズが拡大しているのがこの介護ビジネスです。
 

介護のフランチャイズビジネスってどういうのがあるの?

ご近所の方が介護サービス施設に通っているという話を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

介護サービスとは一般に高齢者がサービス施設に通い、入浴や食事、健康チェックやレクリエーションなどのサービスを受けられるサービスのことを言います。介護人が家を訪ねるのを訪問介護、利用者が日通いできる介護施設を通所介護といいます。もちろん車椅子などに配慮がなされた送迎車による送迎サービスがつきます。

このサービスは、高齢者に他人との関わりや身体の運動を促すことにより、痴呆や寝たきりを防ぐだけでなく、高齢者に楽しみをもたらします。また、介護者である家族の休息時間の確保にもなっています。

それでは具体的に介護のフランチャイズをご紹介します。 
 

茶話本舗

茶話本舗undefinedロゴ画像

茶話本舗

ここ5年間で全国に580店舗を展開するという急成長を遂げる茶話本舗。

・初期投資を大幅に抑えられる
売りに出されている空き家や、賃料が安価な住宅街にある物件を賃借しデイサービス(通所介護)として用いているのがこのフランチャイズの大きなポイントです。

利用者はまるで家にいるような安心感のあるサービスを受けられると同時に、距離的に通いやすくなるケースが多いようです。金銭的にも店舗開設にともなう経費が大幅に削減できます。

・特別な資格を保有している必要がない
未経験者でも安心して独立開業できるように、法的手続きなどを含む手厚い開業前研修が存在しています。そのため、業界未経験の方の独立開業や異業種からの参入者が多数存在します。