買取ビジネスのフランチャイズとは?

買い取りの流れ

買い取りの仕組み

買取ビジネスは、お客様から貴金属・ブランド製品・バッグ・時計・金券チケットなどを買い取り、その差額から利益を出すビジネスです。
買取ビジネスのフランチャイズは、買い取りから現金化までを仕組化し、多数商品を取り扱う事ができるシステムを用いています。
具体的にコンビニや進学塾といった、他の業界のフランチャイズと比べてみると・・・

  • 人出が要らない(1人で開業でき、人件費は最小限)
  • 小スペース(在庫を持たない為、大きな店舗は必要ない。また家賃を最小限に抑えることができる)
  • 在庫リスクが発生しない(商品は約一週間以内にFC本部が買い取るケースが多く、在庫を持たない)
といった違いがあります。

市場ってどうなの?

2010年6月に導入された「無担保ローンは年収の3分の1まで」という総量規制により、結果的に金融業者の貸出総額は約2年で約5.5兆円から2.8兆円まで減少。しかし、お金のニーズに影響はありませんでした。
また、環境意識の変化による、エコ・リサイクル精神の波及も市場拡大を助けています。

これらの要素を考えると、「買取ビジネスの市場拡大」は一過性ではない追い風と言えるのではないでしょうか。

ここからは買取ビジネスのフランチャイズの中で、3社の持つ特長をそれぞれご紹介します。