免震構造を採用。各階に防災備品を完備する等、地震対策も万全

ジ・アーバネックスタワー神戸元町通は、総戸数200戸、27階建てのタワーマンションです。外観はタワーマンションらしく、垂直ラインが強調されたシャープなデザインになっており、4面すべてにバルコニーがついているので、どの方向から見ても正面に見えるようになっています。模型で確認してみてください。また、上層階からは神戸の海や山が一望できます。
完成予定模型

完成予定模型


構造面では、タワーマンションでの実績も豊富な大林組の「免震構造」が採用されています。住棟の建物と地盤の間に3つの免震装置が入っており、地震の揺れを建物に伝わりにくくしています。大きな地震の時でも、建物の被害が少なく、家具などの転倒による住戸内の二次災害を防ぐように考えられています。

そして、販売センター内には地下約48メートルの堅個な支持地盤に打ち込む「場所打ちコンクリート拡底杭」の実物大の模型があります。実際、直径2mの拡底杭を近くで見ると、その大きさに驚いてしまいました。これも確認してみてくださいね。
コンクリート杭実物大模型

「場所打ちコンクリート拡底杭」実物大模型(一部)


各住戸階には防災備蓄倉庫が設置されており、いざという時にも安心です。販売センター内で防災備品も確認できます。
防災備品

防災備品

快適な生活を実現する様々なサービス

廊下は、空調が完備されたホテルのような中廊下になっていますので、夏でも冬でも快適ですし、雨風が強い時でも濡れることもありません。また廊下側に窓がないので、プライバシーも守られます。

そして各階に「ゴミ集積場」が設置してあり、ここにゴミを出しておけば、あとはスタッフが回収して持っていってくれますのでとても便利です。

また、エントランスホールにはコンシェルジュカウンターがあり、各種のコンシェルジュサービスが受けられるほか、宅配ロッカーもあるので留守にしていても、ちゃんと荷物を入れておいてもらえます。シングルやDINKSにはうれしいサービスですね。

角住戸率52%と、開放感があり風通しのいいプランが豊富

住戸プランは、専有面積48.54平米~103.18平米、間取りタイプ1LDK~3LDK、プランバリエーションも全20タイプと多彩です。また、角住戸が52%(200戸中104戸)と高く、その角住戸のすべてが3面を取り巻くバルコニーを備えた3面採光プランになっていますので、開放感にあふれ風通しの良い暮らしができます。シングルからファミリーまで、若年層からシニアまで、それぞれのライフスタイルに合わせて間取りを選ぶことができます。

モデルルームは、神戸の海をテーマに「スタイリッシュ・モダン」なインテリアでコーディネートされたGタイプと、神戸の山をテーマに「モダン・エレガンス」なインテリアでコーディネートされたNタイプの2タイプが見学できます。
Gタイプモデルルーム

Gタイプモデルルーム

Nタイプモデルルーム

Nタイプモデルルーム



バルコニーに面して大きく広がる開口部にはセンターオープンサッシが採用されているのでとても開放感があります。この解放感もモデルルームで確かめてみてください。
センターオープン

センターオープンサッシのリビング(Nタイプ)



交通面、生活面でも非常に便利であり、建物内でも快適に暮らせるサービスが充実しているマンションですので、利便性重視の方にはおすすめです。

先月1期の販売が終了し、9月には第2期の販売が予定されています。2期以降の概要は、48.54平米~103.18平米、1LDK~3LDK、2400万円台~8000万円台(予定最多販売価格帯3600万円台・4200万円台)となっています。
神戸に興味がある方は、一度見に行かれるといいでしょう。