子どもに尊敬される父親になる……父親なら、そうありたいと願うもの。でも、それは自分の意志ではなく子どもの思いなので、難しいことのようですが、ちょっとした心がけ次第です。

そこで、子どもに尊敬される父親になるには、どんなことに気を付ければいいのか、お父さんに向けてお話しをしたいと思います。

子どもとの関わりは

1. 聞き上手になる
a

相槌を打ちながら、話を聞きましょう

子どもの話は、笑顔で優しく相づちをうちながら聞いてあげましょう。例えば、「うんうん」でも、「それで?」でもかまいません。相づちを打つことで、子どもに真剣に聞いてくれていることが伝わり、子どもはとてもしゃべりやすくなります。

そして、その効果をさらに高めるのが反復です。例えば、「今日、逆上がりができるようになったよ!」という話に対して、「すごいね!逆上がりができるようになったんだね!」というように繰り返してください。逆に、すぐ話の腰を折るようなことばかりしていると、子どもは話をしてくれなくなってしまいます。

2. 叱るときはスキンシップ
幼い子どもに言い聞かせるときには、手をしっかり握って言い聞かせましょう。「〇〇くんのことが嫌いで叱っているのではないよ。好きだから叱っているんだよ」ということを分かってもらうために。親の思いは、心から心へ伝わります。

そして、逆に、子どもから話を聞き出したいときも、しっかりと手を握って話を聞くようにすると、子どもは話しにくいこともポツリポツリと話してくれるものです。

いくつになってもスキンシップは効果的です。手を握ることができない年齢なっていたら、背中に触れるなど、どんな形でもスキンシップはできますよ。

3. 温かい目で見守り、いざという時は頼りになる存在に
子どものすることに、あれこれ口を出してはいけません。だからと言って放任するのではありません。子どもが助けを求めてきたときには、力になってあげれるように、常に少し離れたところから温かい目で見守ってあげてください。

4.子どもがやりたいといったことは頭ごなしに反対せず、応援してあげる

子どもがやりたいといったことは頭ごなしに反対せず、まずは耳を傾けましょう。そして、子どもの言い分を聞き、こちらの思いも伝え、よく話し合った上で、もしできることなら、精いっぱい応援してあげましょう。

5.どんな時もあなたの味方だということを伝えておく
親子だから言葉で伝えなくても、心は通じると思っていたら大きな間違いです。「どんな時でも、お父さんは〇〇ちゃんの味方だから。安心して」と、言葉で言わないと伝わりません。この言葉は、子どもにとって大きな心の支えとなるでしょう。