上海の目抜き通りに建つ、香港発の話題のモール&デパート3軒

淮海中路

上海のメインストリートの一つ、淮海中路。市内に数あるショッピングエリアのうち、この界隈は地元上海の人に人気があります。

上海はここ数年、ショッピングモールやデパートのオープンが続いています。市の中心部だけでも既に40軒以上もの大型モールやデパートがあります。地元資本だけでなく、香港系、台湾系、シンガポール系、日系など、様々な地域から進出。いかに心をつかむオリジナリティーを打ち出せるかが人気の分かれ目になってきます。

今回は上海きっての目抜き通り、淮海中路に2013年にオープンした注目の3軒にフィーチャー(いずれも香港系)。この通りは地元上海の人に支持されているショッピングストリート。ブランドの路面店や老舗百貨店も立ち並ぶ、まさに激戦区ですのでこの3軒を回れば、上海の商業施設の「今」がわかります!

アートとトレンドが凝縮したK11

K11外観

オフィスビルと一体になった構造。オープン以降、淮海中路のランドマーク的存在になっています。(写真提供/K11)

まずは地下鉄1号線の黄陂南路駅に直結しているK11。人気観光スポットの新天地に近く、旅行者にとっても便利なエリアです。

このショッピングモールはオフィスビルと一体の構造になっているため、商業施設部分はそれほど広くありません。地下3階から地上4階までにテナントが入っています。入ってすぐに気がつくのは、ほのかな甘い香り! 館内全体にバニラの香りをつけているそうです。

地下エスカレーター

アートスペースのある地下への入口もユニーク。(写真提供/K11)

コンセプトは「アート・人文・自然の融合」。なかでもアートに力を入れています。「K11アート・ファンデーション」という機構を組み、中国の若いアーティストの活動を支援したり、調査や研究、国際的なコラボレーション企画も行っています。館内に作品が点在し、地下3階には展覧スペースがあります。中国大陸初の開催となったクロード・モネの特別展は連日盛況で、大きな話題となりました(期間は2014年6月15日まで)。

上海にはアートが好きな人が多く、K11はアート鑑賞の後に買い物や食事が楽しめることがヒットのポイントのよう。デートスポットの定番になってきています。

ファッションはバーバリーやクロエの旗艦店などハイブランドのほか、比較的カジュアルなブランドも入っています。デザイングッズを揃えるショップも多く、お土産探しにも便利。地下1階にあるYAANG lifeはオリジナルプロダクトや、上海で人気のデザインアイテムもラインアップ。シノワズリブランドアナベルリーのジュエリーもセレクトされています。また、地下2階には中国茶のティーバッグブランドTEAONEが入店しています。

 

都市農園

レストラン「極食」前のスペースに「都市農園」があります。

レストランも話題のお店が充実。目玉は香港の有名広東料理店、鴻星薈(Super Star Seafood Restaurant)。ゴージャスなインテリアとお昼の飲茶が評判です。シンガポールのチョコレートショップawfully chocolateが手がけたレストランnine thirtyや、日本のがってん寿司、はなまるうどんも人気です。

このほか、植物育成用のLEDライトで野菜を栽培する都市農園を設けたり、K11アカデミーというカルチャー講座を展開したりと、ユニークな企画が満載。アートを軸に、高級からカジュアルまでトレンドを取り込んだショッピングモールなのです。

<DATA>
上海K11
住所:黄浦区淮海中路300号
TEL:021-2310-3188
営業時間:10:00~22:00(飲食店は店舗により異なる)
アクセス:地下鉄1号線「黄陂南路」駅より直結