旅の形とテーマで選ぶ、多様なスウェーデンのツアー

norrsken

冬のオーロラ観測はツアーがお勧めです 写真:Lola Akinmade Akerstrom/imagebank.sweden.se

スウェーデン旅行は、航空券やホテルなどを自分で手配する個人旅行と、旅行会社を通して航空券やホテルなどがパックになったツアー旅行の大きく二つに分かれます。ツアーの良いところは、自分で手配する手間が省けるということだけでなく、旅行会社が持っているネットワークで個人で手配するよりも同じものがお値打ちで提供されるという点にもあります。大まかな観光のスケジュールがたててある場合がほとんどですので、効率よく短期間にいろいろと見て回れるのも良いところです。

スウェーデンへのツアーは、大きく分けて以下のようになります。
  1. ストックホルムなどの1都市滞在型ツアー 
  2. ノルウェー、フィンランド、デンマークといった北欧の数カ国と一緒にスウェーデンを回る北欧周遊型ツアー
  3. オーロラ観測や犬ぞり体験など北スウェーデン中心の冬のツアー
  4. 環境エコや福祉を学ぶテーマツアー
ここでは、スウェーデンへのツアーの種類や料金、選び方のポイント、格安ツアーの注意点などをご紹介します。

個人で航空券の手配を検討されている方は、こちらの記事も合わせてどうぞ>>>スウェーデンへのアクセス・航空券

あなたは一度にいろいろ見て回りたい周遊派?それともじっくり1都市滞在派?

stockholmtur

スウェーデンツアー、北欧周遊型かストックホルム1都市滞在、悩むところです 

北欧の複数の国々を1週間から10日間ほどかけて回る北欧周遊型ツアーにストックホルムが含まれている場合が多くあります。こういった周遊型のツアーのいいところは、ノルウェーのフィヨルドから、ストックホルム、ヘルシンキ(フィンランド)、コペンハーゲン(デンマーク)まで見て回れ、一度の旅行で北欧を満喫できる点。難点としては、どうしてもスウェーデンでの滞在がストックホルムのみであり、しかも1日、長くて2日と短いことにあります。

いろんな国を回るよりもじっくり一つの都市に滞在して観光したいという方には、1都市滞在型のツアーがよいでしょう。スウェーデンツアーの場合、1都市滞在型のツアーは、首都のストックホルムである場合が多いです。初日に観光がついており、残りの2~3日は自由行動というパターンを多くみかけます。フリータイムが多く自分の好きなように観光の計画が立てられ、個人旅行のようだけど、航空券やホテルの手配は自分でしなくてもいいという気軽さがあります。

オーロラを観測したい!犬ぞりを体験したい!という人は、それを含んだツアーがおすすめ。もちろん個人でオーロラ観測もできますし、犬ぞりも申し込めますが、手配の手間や時間などを考えるとツアーはお得であり、現地についてからもスムーズ! 同様に、スウェーデンの環境やエコについて見てみたい、福祉の現場を見てみたいという方にもツアーはおすすめ。スウェーデンで個人で見学のアポイントをとるのは大変難しいので、テーマが決まっている場合は、そういったツアーを利用すると充実したスウェーデンでの時間が過ごせるでしょう。