スウェーデンで1秒に1本売れている、ソフィエロ・オリジナル (Sofiero Original)

Sofiero1

スウェーデンで最も売れているビール、ソフィエロ・オリジナル、きれいな青色が目印

2003年春にコッパルバリ醸造所 (Kopparberg Bryggeri) から売り出されて以来、11年連続で最もスウェーデンで売れているビールが、ソフィエロ・オリジナルの5.2%です。ビールの名前は2000年にコッパルバリ醸造所が買収したソフィエロ醸造所 (Sofiero Bryggeri) に由来しています。スウェーデンのビールの歴史は深く、青銅器時代にまで遡り、数多くのビールが製造されてきました。現在は約90の大小様々な醸造所がビールを製造しており、700以上の多種多様なスウェーデン産ビールを飲むことができます。

飲みやすいフルーティーな味のラガービール

Sofiero2

鮮やかな薄い黄色をしたビールは、苦みも少なく口当たりがよい

ソフィエロ・オリジナルは、スウェーデン中部のコッパルバリの大自然の中で質のよい原材料をもとに作られているラガービールです。その味を一言で表すならば、フルーティーでニュートラルな味。レモンやグレープフルーツ、蜂蜜の味と言う人もいるくらい、苦みも少なく飲みやすいビールです。モルトの香りがほのかに漂うビールは、 鮮やかな薄い黄色をしており、日本のビールで例えるならば、アサヒスーパードライの正反対の味といった感じでしょうか。

最も売れている5.2%のソフィエロ・オリジナルは、スウェーデンの国営の専売公社、システムボラーゲット (Systembolaget) で330ミリリットルと500ミリリットルの瓶もしくは缶で買い求めることができます。同じソフィエロ・オリジナルでも、2.25%のライトビールや2.8%と3.5%の大衆のビールはスーパーマーケットで買うことができますし、5.2%の他にも5.9%と7.5%のソフィエロ・ゴールドもシステムボラーゲットで売られています。

値段が安い、スウェーデン人愛用のパーティービール

Sofiero3

アルコールへの課税が高いスウェーデンでは、値段は重要 写真:Tina Stafr?n/imagebank.sweden.se

スウェーデンで最もよく飲まれているソフィエロ・オリジナルは、2013年に年間で約1560万リットルも飲まれました。これは単純計算で1秒に1本売れていることになるそうで、まさにスウェーデン人が好んで飲んでいるビールなのです。味もよく飲まれる理由ですが、最も大きな理由は値段が安いこと。税金が高くアルコールの値段も高いスウェーデンで、2003年の発売当初ソフィエロ・オリジナルは、ワンコインの10クローネで買えるビールとして大変話題になりました。2014年現在は、500ミリリットルの缶ビールを11.40クローネで買うことができます。

平均的なビールの値段が500ミリリットルで13~16クローネする中で、画期的な値段で売り出されたソフィエロ・オリジナルは、素早く国民にその名を知られることになりました。レストランやバーなどで飲むお酒にも高い税金がかかっているスウェーデンでは、レストランに出かける前に自宅で一杯飲んだり、ホームパーティーをしたりしてお酒を飲むことが多く、ソフィエロ・オリジナルは「パーティービール」とも呼ばれ、大量に飲むときのビールの代表格です。

レストランで飲むなら、2番人気のマリエスタード・エキスポート(Mariestads Export)

Mariestad

レストランで飲むなら、こちら、マリエスタード・エキスパートがおすすめ

値段が安く飲みやすいソフィエロ・オリジナルですが、その大衆的なイメージからか、実はスウェーデンのレストランでおいてあるところが大変少ないのが欠点。旅行の際にレストランで飲むなら、レストランに必ずといっていいほどおいてある、スウェーデン大手のビール醸造所、スペンドルプス (Spendrups) の マリエスタード・エキスポートの5.3%です。マリエスタード・エキスポートは、ソフィエロ・オリジナルに続き、2013年スウェーデンで2番目によく売れたビールです。

マルトの香りがしっかりとし、柑橘系の味にほどよい苦みがある軽いラガービールのマリエスタード・エキスパート。塩味が強いスウェーデン料理によく合い、レストランで大変よく飲まれているビールです。魚や肉、どんな料理にも合うオールラウンドなこのビールは、日本のビールで言うならば、アサヒとサッポロの中間のような味です。

日本にないビールの味を試すなら、エリクスバリ (Eriksberg)

Eriksberg

ソフィエロ・オリジナルやマリエスタート・エキスパートと比べると濃い色をしたエリクスバリは、特徴的な味のあるスウェーデンのビール

ちょっと日本にはない味のビールを試したい、ソフィエロ・オリジナルとマリエスタード・エキスパートと飲み比べをしてみたいという方にお勧めなのがエリクスバリ5.3 %。現在はデンマークのカールスバーグ(Carlsbarg)に吸収合併されたカールスバーグ・スウェーデンによって製造されていますが、もともとはヨーテボリ郊外のエリクスバリ醸造所で作られてていた歴史あるビールです。

はっきりとした苦みが深いコクを生み出し、特徴的な味を楽しめるエリクスバリは、透明感のあるソフィエロ・オリジナルとは異なる色の濃いラガービールです。ホップの香りが漂うこのビールは、魚や肉などどんな食事にもよく合うビールとして多くのレストランで飲むことができます。

そのほかお酒文化についてはこちらの記事>>>スウェーデンのお酒事情

※1スウェーデンクローネは2014年7月現在、約14.5円。おおむね15円前後で推移
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。