英語学習に音ペン効果あり!

pen04

ヘッドフォンで聞くよりも音ペンのほうが手軽!

これまで、英語音声を聞きながら学習する姿は、音声CDをラジカセで流して学習するのが一般的でした。現在でも、音声CDを使いながら、ヘッドフォンをつけて、個人学習する英語教室もあります。

しかしここ数年で「音ペン」と呼ばれる英語学習用の道具の性能がかなり良くなったため、音声CDに代わり採用する教材会社も多くなっています。音ペンとは、自ら読みたいところを見てなぞって、聞いて、発音する、という能動型の英語学習ツール。何と言っても、手軽さが魅力です! 音ペンを使う価値は、All About記事「音ペンで楽しく遊んで英語を覚えた」でお話したように、子どもが使うのにとても手軽な道具になることです。現在、いろいろな音ペンがありますが、シンプルなものから、音声が認識できるものまでさまざまなタイプが販売されています。

音ペンを選ぶ基準は?

音ペン付きの英語教材価格は1万円ほどです。これ以上の価格がついているものは、教材セットに何かしら付加価値を付けている程度です。音ペンを使う主教材をよく見て購入を考えてください。音ペンの機能や特徴をいくつか挙げておきます。

●主教材の内容が音ペンに全収録
●ペン先を主教材にあてるとその英語が出る
●ソング、チャンツ、効果音が出る
●聞くときに、英語の速度調節ができる
○音声録音機能が付いている
○デザイン性がある(キャラクター付きなど)
○サイズに大小がある
○充電式、乾電池式の2種類がある

●印は、どの音ペンにも共通、○印は、それぞれ異なる特徴です。もちろん、全部あるとお得ですが、教材内容の「量」も関係しますので、学習量も多く、音ペン機能も十分であるものを選ぶと良いです。もし、欲しい英語教材に音ペンが付いていたら、上記の機能や特徴があるかチェックしましょう。私は、音声録音機能の付いているタイプをオススメしますよ。

pen05

子どもは英語を聞いて、文字を追うのか?

音ペンを使う英語学習に注目が集まり、おもちゃ会社なども音ペンを利用する学習教材を開発するようになりました。私の甥(4歳)、姪(7歳)に音ペンをプレゼントしたところ、珍しさもあって英語ブックを広げて楽しく遊んでいましたが、一週間もすると飽きてきました。それ以後、まったく触らずです。常に新しい刺激を求めている子どものことですから、いたしかたありません。

何とか続けてもらうには、やはり学習が継続できる仕掛けが必要だと思います。最大限に音ペンを活用して、英語学習の効果を上げるためにはどんな工夫が必要なのでしょう。