静止画もキレイな1420万画素


『FDR-AX100』の静止画の有効画素数は約1420万画素相当とかなり高画質が期待出来ます。ズームレンズは光学12倍で、広角29mm相当から望遠348mm相当です。アスペクト比は16:9が使えるため、一眼レフで撮影したときよりワイド感が強まります。この比率はハイビジョンテレビで静止画を見るときも黒いフチがなく、全画面を無駄なく使えるため違和感が少ないと思われます。特に記念写真など複数の人物が横に並ぶときなどには重宝します。もちろん4:3での静止画撮影にも対応します。

説明用画像

横長の画面なので、一般のデジカメでは収まらないワイドアングルで撮影可能

説明用画像

広角30mm相当はもの足りなく思えるが、撮影すると16:9であるため24mmぐらいの画角に感じられた

説明用画像

望遠側は348mm相当と一般的な標準ズームやコンデジの望遠側を上回るため、迫力ある画像が得られる

説明用画像

暗さにも強く夜間の撮影では、ノイズが少なく階調性豊かな画像が撮れた。ちなみにナイトショット機能も搭載する
 

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。