アクションカムがおもしろい!

ソニーのアクションカム『HDR-AS100VR』をレビューしてみました。
高さ約4.65cm、奥行き約8.15cm、重さ約92gと小型で軽量なアクションカムは、なかなか面白いビデオカメラなのです。
ソニーのアクションカム『HDR-AS100V』

ソニーのアクションカム『HDR-AS100V』


製品には、カメラ単体の「HDR-AS100V」と、ライブビューリモコンが付属した「HDR-AS100VR」の2タイプがあります。今回は、ライブラリーリモコンが付属する「HDR-AS100VR」をお借りしてみました。
「HDR-AS100V」本体

「HDR-AS100V」本体

手の平にすっぽりの小型

手の平にすっぽりの小型


写真でもおわかりのように、手の平にのってしまうほどの小型。筆者の手は小さいのですが、すっぽりという感じですね。

利用する際には、本体にバッテリーとmicroSDメモリーをセットします。メモリーは付属していないので、別途購入してください。
バッテリーをセットする

バッテリーをセットする

メモリーをセットする

メモリーをセットする


操作が簡単

アクションカムなので、家族旅行や運動会を撮ろうという使い方より、サイクリングやオフロードバイク、サーフィンやプールでのお遊びなどなど、アクティブな行動時に利用することで、今までにはない迫力のある楽しい映像が撮れます。

だからといって、アクティブ以外に利用できないというわけではありません。今回は、公園の散歩にお供してもらいました。
アクションカムとお散歩

アクションカムとお散歩


基本的な操作としては、電源のオン/オフと、録画のオン/オフのみ。通常のビデオカメラのような、ズーム操作などの操作はできません。したがって、とにかく一度撮影を開始したら、撮りっぱなしのビデオカメラなのです。そのため、画角は広角170度で固定です。その映像が写真です。なお、被写体に近づいてアップにすると、広角特有のおもしろ映像になります。

最低限必要なボタンしかない

 

最低限必要なボタンしかない

最低限必要なボタンしかない

広角170度の映像

広角170度の映像

アップにするとこんな感じの映像になる

アップにするとこんな感じの映像になる


また、モニターも搭載していません。カメラの撮影映像は、ライブビューリモコンで確認します。このライブビューリモコンでは、映像のモニタリングのほか、撮影のオン/オフ、カメラの設定などができます。

ライブビューリモコンは、ユーザーの腕などに装着して操作するので、リモコンが邪魔になることはありません。
ライブビューリモコン

ライブビューリモコン。カメラ映像をモニターできる

腕などに装着して利用する

腕などに装着して利用する


ライブビューリモコンの付属しない 「HDR-AS100V」を購入した場合は、Webサイトからモバイルアプリの「PlayMemories Mobile」(プレイメモリーズモバイル)をダウンロードして使えば、Wi-Fi経由でスマートフォンやタブレットで操作ができます。アプリはiPhone用、Android用、Windows用が用意されていて、カメラのモニタリングとリモコン操作のほか、撮影した映像のコピーなどもできます。

iPhone用のモバイルアプリでモニタリング&撮影ができる

iPhone用のモバイルアプリでモニタリング&撮影ができる

映像のコピーも可能

映像のコピーも可能