大人からバレエを始めた生徒さんの動きを見ていると、プリエが思いの外ぎこちなかったり、疎かにされてしまったりしています。頭でわかっていても改善されない所を見ていると、どうやらドゥミ・プリエの前段階のテクニック習得が必要のようです。

そこで、新しいプリエを導入してみたら、大人の生徒さんのプリエの質が一気に高まることが分かりました。それをここでご紹介します。

古典的なバレエの指導法には出てこない全く新しい概念なので、詳しく説明していきましょう。


第三のプリエ

プリエの質を向上させる「第三のプリエ」

プリエの質を向上させる「第三のプリエ」

皆さんご存知の通り、プリエは2種類あります。ドゥミ・プリエとグラン・プリエ。ドゥミ・プリエは半分のプリエ、グラン・プリエは大きいプリエ、という意味です。

ドゥミ・プリエは股関節と脚で作る角度が45度、グラン・プリエのそれは90度。本当ですね。ドゥミ・プリエはグラン・プリエの半分ですね。

この角度を使った説明は、数学的な話しです。そこで、グラン・プリエとドゥミ・プリエの間を取るとどうなるでしょうか?そのときの股関節と脚で作る角度は22.5度です。ドゥミ・プリエの半分。グラン・プリエの半分の半分。つまり、1/4のプリエになりますね。そこでこれを、「クォーター・プリエ」と名づけます。これでプリエの種類が3つになりました。

ここに出てきたプリエを、角度の深い順に並べると次のようになります。

1. グラン・プリエ(4/4)
2. ドゥミ・プリエ(2/4)
3. クォーター・プリエ(1/4)

ここでプリエの目的について少し立ち返って説明します。

プリエを練習する目的の一つは、ジャンプでの始めと終わりの動きとして必要だからです。ジャンプを始める時と終わる時に、膝の曲げ伸ばしを利用するために必要なのです。

例えば1番からのタン・ルヴェ・ソテの場合。

1. 脚を伸ばした状態から
2. 膝を曲げます (第1段階のプリエ)
3. 更に膝を曲げます (第2段階のプリエ)
4. ジャンプします
5. 着地します (第1段階のプリエ)
6. 膝を更に曲げてプリエを完成させます (第2段階のプリエ)


上記で出てくる 「第1段階のプリエ」 の股関節と脚で作る角度は22.5度。これが「クォーター・プリエ」です。「クォーター・プリエ」からドゥミ・プリエを通ってジャンプし、「クォーター・プリエ」からドゥミ・プリエを通って着地します。

このように 「クォーター・プリエ」 という概念を持つと、プリエの理解が深まります。そしてその理解が動きの質を向上させます。

ぜひ実際のレッスンで、プリエの動きに応用してみてください。

◎ 「クォーター・プリエ」 の注意点!
クォーター・プリエからドゥミ・プリエに入るときは、急激に動かすのではなく、ゴムのように膝でその衝撃を吸収させながら使いましょう!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。