ピアノの基礎テクニックとは?

ピアノの基礎テクニックとは?


ピアノ初心者で、入門レベルの基礎課題をクリアできたら、次の段階はピアノ演奏の基礎テクニックをマスターすること!

ただし、ひとことに演奏の基礎テクニックと言ってもその要素は広範囲にわたります。そこで、初級レベルで確実に抑えるべきポイントを3つに絞って順番に解説していきたいと思います。まずこの記事では「3つのポイント」の全体像を掴みましょう!
   

ピアノ演奏の基礎テクニックとは?

ピアノ演奏の基礎テクニックと言うと、まず頭に浮かぶのはピアノに向かってひたすら指を動かす練習をすることではないでしょうか?確かにそれも必要ですが、機械的に速く指が動くだけでは美しい演奏はできません。

たとえば、スポーツの世界でもフィギュアスケートが技術面(ジャンプやスピンの回数や難易度など)と演技構成面(身のこなし、振付、曲の解釈など)のふたつの要素の合計得点で審査されるのと同じように、ピアノ演奏もただ指が速く動くだけでも、曲を表現したい気持ちを持っているだけでもいい演奏はできません。「楽譜を理解する」技術、「音を正しく弾く」技術、「曲のイメージを表現する」技術の3つがともなってはじめて美しい演奏ができるようになるのです。

初級レベルで学ぶべき3大基礎ポイント

・読譜力:楽譜を読み解くための知識を身につける
・実技:実際にピアノを弾くための技術を身につける
・表現力:曲に様々なニュアンスをつけるための技術と感性を身につける
 
ピアノ基礎テクニックの図

美しい演奏のために確実にマスターしたい基礎テクニックの3大ポイント

 

ピアノ演奏の基礎テクニック1:読譜力

指の動きが思うようにコントロールできるまで、基礎パターンを繰り返し練習しよう

指の動きが思うようにコントロールできるまで、基礎パターンを繰り返し練習しよう


入門レベルでは、音符の位置を覚えることにフォーカスを当てましたが、初級レベルでは複数の音を同時に読んだり、リズムを正確にとれるようにすること、そして強弱やニュアンスなども含め楽譜に書かれているさまざまな指示に目を向ける習慣をつけることが大切です。

楽譜には、作曲家からの大切なメッセージが盛り込まれています。新しい曲を始める時には、ピアノに向かう前にまず楽譜をじっくりながめて音やリズムを確認したり、表情をつけるためにどのような表記があるか見る習慣をつけておくと、実際にピアノに向かって練習する際に指の動きに集中することができて効果的です。

今後の記事では楽譜のしくみや読み方、リズム、読譜力をアップさせるポイントについて詳しくご紹介していきます。
 

ピアノ演奏の基礎テクニック2:弾く技術

人の心に響く美しい演奏には弾く技術と豊かな表現力の両方が必要

人の心に響く美しい演奏には弾く技術と豊かな表現力の両方が必要


楽譜上の音符ひとつひとつは「点」ですが、それを「線(メロディー)」や「かたまり(和音)」として鳴らし、つなげて音楽にしていくのが“ピアノを弾く”ということ。

初級レベルでは、音符(点)をきれいにつなげるための指の動かし方や、複数の音を同時に弾く時の手の使い方など基本のパターンをマスターすること、そして右手と左手の独立した動きが大きな課題となります。

片手ずつでは問題なく弾けても、右と左が違う動きを要求された時にお互いがつられてしまったり、自分の利き手でない方の手は動きが鈍くコントロールしづらいものです。日常生活では体験したことのない様々な動きを、シンプルなパターンを繰り返し練習することによって体に馴染ませていきます。

今後の記事では具体的に練習に役立つパターンを例に挙げて、わかりやすく説明していきます。
 

ピアノ演奏の基礎テクニック3:表現力

楽譜を注意深くながめると、音符以外にもたくさんの表記があります。速度を指示するもの、強さを指示するもの、音の雰囲気やニュアンスについての表記などです。

それらは記号であったり、イタリア語、ドイツ語・フランス語など作曲者や出版社によってさまざまな外国語で記されています。初級レベルの楽譜に出てくる表記は数が限られていますので、よく目にする基本的なものは覚えるようにしましょう。

ただし、肝心なのはそれらを暗記することではなくて、指示されたようなニュアンスで弾くためのテクニックを身につけること。多少のミスはあっても表現力豊かな演奏は、ミスのまったくない無表情な演奏よりもはるかに聞く人の心に残ります。今後の記事では楽譜から曲のイメージをふくらませ、それを実際に音にするノウハウをご紹介していきます。
楽譜とピアノのイラスト

人の心に響く美しい演奏には弾く技術と豊かな表現力の両方が必要


最初は練習してもなかなか思うように進まず忍耐と根気が必要ですが、あきらめずにしっかり取り組むとその先には必ず「弾きたい曲が何でも弾ける」憧れのピアノライフが待っています!無理のないペースを保ちながら、ひとつずつ課題をクリアしていきましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。