発表会向けの曲とは?

ステージ上のピアノと花の写真

発表会で弾いた曲は思い出に残るあなたにとって特別な一曲になります。「この曲を弾くためには努力を惜しまない」と思えるお気に入りの曲をみつけましょう


発表会で弾いた曲というのは、思い出に残る特別な曲となります。自分の好きな曲であることはもちろんですが、レベル的に無理がなく腕前を存分に披露でき、ステージ映えする曲を選びたいもの。具体的にどのような曲が発表会に向いているのか、また、どのような点に気をつけて選曲すべきか、ガイド記事「失敗しない!ピアノ発表会の曲選び」で紹介していますので是非参考にしてください。
 

発表会におすすめの曲リスト

「エリーゼのために」や「トルコ行進曲」など、誰もが知っている発表会定番曲を弾くのもいいですが、膨大なピアノレパートリーの中には、あまり演奏される機会がなくてもステージで魅力的に聴かせられる曲がいろいろあります。今回はそのような隠れた名曲を交え、ガイドおすすめの発表会向けの曲をご紹介します。

リストに挙げた曲は、大人を意識した選曲となっています。また、レベルは中級に入っている曲でも初級寄りと上級寄りの曲では大きな差があり、個人の読譜力やテクニックにより難しさの感じ方が違います。あくまで参考程度にご覧ください。

■曲リスト  

初級者向け(ブルグミュラー、ツェルニー100~30番、ソナチネレベル)

弾きこなせる音型やリズムのパターンが限られている初級レベルでは、基礎テクニックをベースとしながらも、なるべく変化に富んだ曲を選びたいものです。短い曲は、ひとつの曲集からテンポや曲調の違う2~3曲を組み合わせることでメリハリのある弾き映えするプログラムを組むことが出来ます。

■おすすめ曲集
1曲が短い曲の場合は、なるべく違ったタイプの曲を選んで組み合わせると効果的です。
  • シューマン 「ユーゲントアルバム」(例)”メロディー”と”狩の歌”(参考動画1参考動画2/ピティナ公式サイトより)
  • グリーグ 「抒情小曲集」第1集(例)”アリエッタ”と”妖精の踊り”(参考動画1参考動画2/ピティナ公式サイトより)
  • セヴラック 「休暇の日々より」第1集 どの曲の組み合わせもエレガントな曲集(参考動画1参考動画2/ピティナ公式サイトより)

■その他のおすすめ曲集
  • キャサリン・ロリン 「ピアノの叙情詩」 女性的な優しい響きの美しい曲集
  • ギロック 「小組曲」
  • ギロック 「叙情小曲集」(例)”セレナード”と”はちどり”
  • グレンダ・オースティン 「クラッシー・ジャズ・ポケット」(例)”フラミンゴ・ダンス”と”タランテラ”

■エレガント・おしゃれ系
  • リャードフ 「オルゴール」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • マクダウェル 「森のスケッチ」より”野ばらに寄せて”(動画
  • サティ 「ジムノペディ1番」(動画
  • ラヴェル 「プレリュード」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ファリャ 「ワルツ・カプリッチョ」(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■明るい系
  • シューベルト 「8つのレントラー」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • シューベルト 「2つのスケルツォ」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ベートーヴェン 「メヌエット ト長調」(参考動画
  • ベートーヴェン 「バガテル」作品33-1(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • アイレンベルク 「森の水車」(動画

■憂い系
  • メンデルスゾーン 「無言歌集」より”ヴェニスの舟歌” 作品30-6(参考動画/ピティナ公式動画より)
  • グラナドス 「スペイン舞曲集」より”オリエンタル”(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■異国情緒漂うエキゾチック系
  • バルトーク 「ルーマニア民族舞曲」(参考動画1、参考動画2/ピティナ公式サイトより)
  • グリーグ 「アニトラの踊り」(参考動画

■季節感のある曲
  • マイカパル 「春」(参考動画
  • 吉松隆 「4つの小さな夢の歌」(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■モダン系
  • カバレフスキー 「やさしい変奏曲」作品40-1(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • カバレフスキー 「やさしい変奏曲」作品51-4(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■憧れのショパンに初挑戦!
  • 「ワルツ」イ短調 遺作(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • 「前奏曲」 作品24-7(参考動画/ピティナ公式サイトより)
 

中級者向け(ツェルニー30~40番、ソナチネ・ソナタアルバム程度)

選曲の幅がぐっと広がる中級レベルは、欲張って難しい曲に挑みたくなるもの。発表会は上達する大きなきっかけとなるのでチャレンジは必要ですが、技術的には実力に見合わったレベルにとどめ、本番でなるべく間違えずにしっかり表現をつけて演奏することを目標にすると、実力アップにつながり、ステージでも印象の良い演奏となります。

■おすすめ曲集
演奏される機会の少ない曲集ですが、どの曲も抒情的で美しくステージで映えます。
  • アレンスキー 「24の性格的小品」(参考動画/全曲、参考動画/ピティナ公式サイトより)

■異国情緒漂うエキゾチック系
  • グラナドス 「スペイン舞曲集」より”アンダルーサ”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • アルベニス 「スペイン」より”タンゴ”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ドビュッシー 「ボヘミア風の踊り」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ドビュッシー 「マズルカ」(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■ロマンチック系
  • メンデルスゾーン 「無言歌集」より”デュエット” 作品38-6(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • シベリウス 「10の小品」より ”ロマンス” 作品24-9(参考動画
  • エルガー 「愛の挨拶」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • サティ 「ジュ・テ・ヴ(あなたが欲しい)」(動画

■明るい系
  • スカルラッティ 「ソナタK.44」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ベートーヴェン 「2つのロンド」より1番(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • グリーグ 「抒情小曲集」第8集より”トロルドハウゲンの婚礼の日”(動画

■憂い系
  • クララ・シューマン 「3つのロマンス」1番(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • チャイコフスキー 「6つの小品」より”夜想曲”(参考動画
  • カスキ 「夜の海辺にて」(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■美しい・エレガント系
  • リスト 「コンソレーション(慰め)第3番」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ドビュッシー 「バラード」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ラヴェル 「ボロディン風に」(参考動画/ピティナ公式サイトより)、「シャブリエ風に」
  • プーランク 「3つのノヴェレッテ」(参考動画1、参考動画2/ピティナ公式サイトより)
  • グラズノフ 「3つの小品」作品42より”ワルツ”(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■テンポ速い系
  • スカルラッティ 「ソナタK.33」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • シベリウス 「10の小品」より”カプリス” 作品24-3(動画
  • ドビュッシー 「スティリー風タランテッラ(舞曲)」(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■ダイナミック系
  • チャイコフスキー 「18の小品」より”演奏会用ポロネーズ” (参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ブラームス 「6つの小品」より ”バラード” 作品118-3(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • プロコフィエフ 「ロミオとジュリエットからの10の小品」より”モンタギュー家とキャピュレット家”(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■季節感のある曲
  • チャイコフスキー 「四季」(参考動画1、参考動画2/ピティナ公式サイトより)
  • カスキ 「カプリの春の朝」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • 三宅榛名 「赤とんぼ変奏曲」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • 平井康三郎 「さくら幻想曲」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
 

上級者向け(ツェルニー50番、ソナタアルバム 以上)

技術、表現力ともに力のついた上級者は、選曲の幅が更に広がり、基本的にはテクニックが及べばどんな曲でもチャレンジできます。技術的な難所を早い時期に克服して表現を深め、選んだ曲の魅力を十分弾き出すような演奏を目指しましょう。

■ロマンチック系
  • ラフマニノフ=クライスラー 「愛の喜び」(参考動画
  • ラフマニノフ=クライスラー 「愛の悲しみ」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • リスト 「巡礼の年」第2年イタリア より ”婚礼”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • リスト=シューマン 「献呈」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ドビュッシー 「ロマンチックなワルツ」(参考動画

■ダイナミック系
  • サンサーンス 「アレグロ・アパッショナート」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ドビュッシー 「仮面(マスク)」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • グラナドス 「演奏会用アレグロ」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ラフマニノフ 「前奏曲集」より作品23-5(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■テンポ速い系
  • モシュコフスキー 「スペイン奇想曲」(動画
  • シューマン 「幻想小曲集」より”夢のもつれ”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • メンデルスゾーン 「ロンド・カプリチオーソ」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ラフマニノフ=メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」”スケルツォ”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • シャミナード 「トッカータ」(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■美しい・エレガント系
  • ドヴォルザーク 「詩的な音画」より”夜の道”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • リスト 「巡礼の年」第1年スイスより”泉のほとりで”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ドビュッシー 「映像」第1集より”水の反映”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • リャードフ 「舟歌」(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • プーランク 「メランコリー」(動画

■明るい系
  • ドビュッシー 「前奏曲集」第1巻より”アナカプリの丘”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • シャブリエ 「10の絵画風小品」より”スケルツォ・ヴァルス”(参考動画

■憂い系
  • シューマン 「幻想小曲集」より”夜に”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • リスト=シューベルト 「白鳥の歌」より”セレナーデ”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • ラフマニノフ 「幻想的小品集」より”エレジー”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • バラキレフ 「ひばり」(参考動画/ピティナ公式サイトより)

■季節感のある曲
  • 轟千尋 「おぼろ月幻想曲」(動画
  • メトネル 「忘れられた調べ」第2集より”プリマヴェーラ(春)”(参考動画/ピティナ公式サイトより)
  • シャミナード 「6つの演奏会用練習曲」より”秋”(参考動画/ピティナ公式サイトより)

どの曲も、弾くテンポによって難易度がだいぶ変わります。曲の雰囲気を損なわない程度に自分が弾けるテンポに合わせることによって、選曲の幅が広がります。発表会は上達する絶好のチャンス!「絶対にこれを弾きたい」と思える曲だと、練習を苦と感じず、難しいところを克服するエネルギーもわいてきます。ステージで輝く一曲をみつけて、思い出に残る素敵な発表会にしてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。