豆乳と市販の野菜ジュースを混ぜて飲むメリット

豆乳×野菜ジュース

豆乳×野菜ジュース

最後にここままで、ご紹介してきた、豆乳と野菜ジュースを同時に混ぜて飲むことでのメリットをご紹介したいと思います。

1.美味しい・効果が半減しない
無調整豆乳を選ぶメリットはご紹介しましたが、味自体が苦手な方も多くいます。混ぜることで、とても美味しくなります。

2.簡単に時間がなくても作れる
ジューサーで作るよりは、簡単に作ることができます。

3.栄養・ダイエットの相乗効果
市販の野菜ジュースで半減してしまう栄養素を、豆乳で補充することができます。また、野菜ジュースのビタミン・ミネラルが豆乳の栄養素をブドウ糖に変えるためダイエット効果が期待できます。

■飲み方
コップに豆乳と野菜ジュースを混ぜるだけです。
目安の分量は400~500ccです。

■飲むタイミング
朝食前・朝食を摂らない方は昼食前に摂ってください。
必要な栄養素を補充することができるので、1日中腹持ちがよくなります。

豆乳はGI値が低く、食事による急激な血糖値上昇を防いでくれるので、食前をお勧めします。血糖値が上がると体は「エネルギーが余っている」と判断し、脂肪を蓄えてしまうからです。

■飲む時期
よく、生理1週間前と言われていますが、常に体のバランスを保つためなら毎日飲むことが良いと思います。

ダイエットは長く続けられることが大事!

長く続くダイエットを

長く続くダイエットを

ダイエットとは簡単・低コスト・続けられる事が大事です。一時的に痩せてもリバウンドしては意味がないですね。

豆乳と野菜ジュースをMIXすることで、ビタミン、ミネラル、大豆イソフラボン、食物繊維等色々な栄養素が含まれているため、必要な栄養素を摂取しながら便秘解消もできます。

生理前のPMS対策も含め、常日頃から飲むことでストレスなくダイエットに取り組んでいただければと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。