物憂げな太宰治(ガイド画)

物憂げな太宰治(ガイド画)

「走れメロス」をご存じの方は多いだろう。多くの教科書に採用された太宰治の名作である。「メロスは激怒した」という出だしの一文は私の頭にも刻み込まれている。かように有名な作品ではあるが、「メロス」と「将棋」の関係をご存じの方は少ないのではないだろうか。大胆な発言を許してもらえるならば、「メロス」は将棋なしには生まれなかった物語なのである。今日は、このことをガイドしていきたい。まずは、あらすじを押さえておこう。

 

走れメロスのあらすじ

妹の結婚式の準備と親友セリヌンティウスに会うために、山を越えて町へやってきたメロス。しかし、そこで見たものは、民衆への処刑を乱発し、恐怖政治を行う王と、それにおびえる人々の姿だった。義憤にかられたメロスは、暴君を暗殺しようと王城に忍び込む。しかし、あえなく捕らえられ、当然のように死刑宣告を受ける。処刑を受け入れたメロスではあったが、妹の結婚式だけは中止させるわけにはいかないと、親友であるセリヌンティウスを身代わりの人質にするという条件で3日間の猶予を願う。この申し出を、王は慈悲ではなく残酷な動機で受け入れる。友情を信じるセリヌンティウスがメロスに裏切られる姿を見たかったのだ。

無事に結婚式を終えたメロスだったが、帰り道で大雨、洪水、山賊などの困難に遭遇する。これらのピンチはなんとか乗り越えたものの、とうとう熱射による体力消耗に倒れてしまう。そんな彼を救ったのは岩からしみ出る清水だった。再び立ち上がったメロスは走り出し、処刑寸前のセリヌンティウスの元へと帰還する。二人はこの3日間でお互いの心に芽生えた不信の感情を素直に謝罪し合う。その姿に心を打たれた王は、二人の仲間にしてくれと懇願する。群衆は歓声を上げ、三人をたたえる。


浮かび上がった3つの疑問

感動の物語である。だが……。小学校の教科書で初めてメロスと接した私には、どうにも腑に落ちない点が3つあった。以下の通りである。

(1)なぜメロスは妹の結婚式を終えてから王の暗殺を企てなかったのか。たった3日後のことである。その間に無事に結婚式を終え、練りに練った計画を持って王城へ忍び込むべきでなかったか。しかも捕らえられたあげくに、親友を身代わりにするという暴挙。この無計画ぶり、無責任ぶりは何なのか。
 
(2)なぜタイトルが「走れメロス」なのか。メロスより、身代わりの人質として待ち続けたセリヌンティウスの方がつらかっただろうし、素晴らしい友情を見せたのではないか。どう考えても、メロスが走るのは当たり前である。やはり「待ったセリヌンティウス」という題がふさわしいのではないか。

(3)なぜ、物語の舞台が西洋なのか。ずっと後に知ったことであるが、太宰と言えば『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』などのいずれも日本が舞台の作品で有名である。

少年の頃に抱いた疑問。実は、40年以上の年月を経た現在の私は答えを持っている。もちろん、私なりの解釈ではあるが、これぞ真実であろうと確信してもいる。その真実に「将棋」が大きく関わっているのだ。そして、その元になったのが太宰の友である作家・壇一雄の書籍なのである。