不安な気持ちが別れを引き寄せる

ネガティブに考え過ぎないこと

ネガティブに考え過ぎないこと

結論から言えば、あなたが不安に思えば思うほど、それは現実化されます。あなたの中にある不安な気持ちは、イメージしているネガティブな未来を「現実化させよう」と働くのです。

例えば、このようなことはありませんでしたか? 「もしかしたら、明日学校に遅刻してしまうのでは?」となんとなく不安に思っていたら、翌日本当に遅刻してしまった。もしくは「今日は苦手な会議だから、色々失敗したらどうしよう」と思っていたら、本当にミスしてしまったなど……。

このように、遅刻やミスをしてしまった時。あなたは心のなかで「ほら、やっぱり」と思うのではないでしょうか。実は、この気持ちこそが、遅刻やミスなどのネガティブな現実を引き寄せています。「ほら、やっぱり」と思うということは「そうした現実が起こって当然」とあなたが感じているという証拠となります。つまり、あなたはネガティブな現実が起こることを確信し、実現するように行動しているのです。

なぜ不安かを追求しよう

では、どうすればこうした不安な気持ちは払拭できるでしょうか? まず最初に把握していただきたいのは、そうした不安には大抵の場合「過去の経験」が元となっているということです。

例えば、いつ別れるか不安な気持ちの原因として「付き合ったらいつも恋人にフラれる」などの経験があったとします。こうした経験があると、今の自分の魅力や状況に関係なく「必ず自分はいつかはフラれる運命にある」と考えてしまいがちです。

この不安は、実は「現在のあなた」には全く当てはまらない要素が原因だったりもします。確かにこれまでは恋人にはフラれていたのかもしれませんが、今現在のあなたはとても魅力的で、フラれる要素が大幅に少なくなっているかもしれません。

しかし、不安な気持ちにフォーカスすると、あなたのセルフイメージは「過去のあなた」へと戻っていきます。なので「現在のあなた」が不安に思う現実を引き寄せているわけではなく「過去のあなた」がネガティブな未来を現実化していると考えましょう。

大切なのは、こうした不安に思う理由を書き出してみることです。また、目を瞑って似たような経験や感情を感じたことはないか?と思い出してみましょう。あなたが現実化してしまうほどの不安ですから、過去に強烈な体験として、似たようなことがあったはずです。