残念ながら愛犬がその寿命をまっとうした時、心をこめて見送ってあげたいと思うのは飼い主として当然のこと。愛犬が亡くなった時には、どんなことをしてあげたらいいのでしょうか。葬儀についてのお話です。

愛犬を清めてあげましょう

愛しい愛犬に感謝を込めて……
愛しい愛犬に感謝をこめて、心をこめたお見送りをしてあげたい……。
長かろうと短かろうと、愛犬と過ごした日々はとても愛しいもの。呼吸をすることもなく、ただ横たわっているだけの愛犬の姿を見ることはたいへんつらいことですが、いつまでもそのままにしておくわけにもいきません。出逢えたこと、そして共に過ごせたことに感謝をしつつ、愛犬を静かに見送ってあげる最期の時がやってきました……。

愛犬をきれいにしてあげましょう。全身にブラシをかけ、毛並みを整えてあげてください。気になるようでしたら、耳掃除や爪切りなどもしてあげていいと思います。目が開いたままなら、閉じさせてあげたいものですが、なかなか思うように閉じないこともあります。そしてお湯で濡らしたタオルやガーゼなどで軽く全身を拭いてあげましょう。口やお尻などから体液が漏れ出てくることがありますので、トイレシートやバスタオルをあらかじめ敷いておき、漏れ出てきた場合には、濡らしたタオルで優しく拭き取ってあげます。思いのほか体が硬直するのが早いので、脚の位置など整えてあげましょう。

祭壇をつくり、納棺する

簡易的でかまいません。線香やお花、写真、ろうそくなどを用意して小さな祭壇をつくってあげるといいですね。棺はダンボールでも代用できますし、最近ではペット用の棺も売られています。棺の中にシートや新聞紙を敷き、その上に保冷剤を敷き並べて、さらにバスタオルを敷き、愛犬をそっと寝かせてあげます。このとき、愛犬をバスタオルやシーツなどにくるんでもいいですし、ペット用のおくるみのようなものも売られていますので、そういうものに包んでもいいでしょう。体の周りには保冷剤をいくつか置き、お花やお気に入りだった食べ物やオモチャなどを入れてあげます。

こうして1~2晩、人間のお通夜のように過ごすのが、もっとも納得できるお別れの仕方ではないでしょうか。