犬

わんちゃんの身体にも野菜の力は必要です!

愛犬のごはんを日々作っている飼い主さんだけに限らず、ドッグフードのトッピング、おやつ代わりとして野菜を取り入れている方も多いのではないでしょうか。「野菜は、ダイエット中のわんちゃんの食事量のカサ増しにしかならない」「消化が出来ないので、犬には不要である」という意見もあるようですが、そんなことはありません。野菜には、体の成長や健康維持に欠かせない栄養素が沢山含まれています。

野菜に含まれる代表的な栄養素1:ビタミン

ビタミンとは“生きていくために欠かせないもの”という意味を持っています。三大栄養素である、たんぱく質、脂質、糖質の働きを助けたり、体の調子を整える為に欠かせない栄養素です。ビタミンは機械で例えると潤滑油のような存在です。現在、正式に認められているビタミンは13種類。その種類によって、働きも異なります。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKは“脂溶性”といって、油と一緒に摂る事で身体に吸収されやすくなります。それ以外のビタミンは“水溶性”なので取り過ぎた分は基本的に排泄されます。なので、こまめに摂取していきたい栄養素です。

野菜に含まれる代表的な栄養素2:ミネラル

ミネラルは主に骨や歯を作る働きがあります。体の成長や神経の働きを整え、生命活動を維持するためにも重要な栄養素です。ミネラルは基本的に体内で作る事が出来ません。だからといって、サプリメントだけで補おうとすると、摂りすぎて悪影響になってしまう恐れがありますので注意が必要です。食材からミネラルを補給していく方が、望ましいでしょう。