愛犬が思うように水を飲まない場合は?

愛犬が思うように水を飲まない場合

すりごまがおすすめ。

わんちゃんの食いつきを良くするには色々なポイントがありますが、特に大切なものが「香り」です。
  • ごま(ごま油でも可)
  • かつおぶし
  • 焼きのり
などの香りが強い食材を、ひとつまみほど水に混ぜるだけでもよく飲んでくれるようになります。ただし、食材を混ぜた水はなるべく早く与えきるようにしましょう。
 

温度を変える

一般的に、わんちゃんは人肌程度の食べ物に食いつくと言われていますがこれは体質によっても変化があります。冷たい水だと飲むわんちゃん、ぬるま湯だと飲むわんちゃんがいますので、愛犬の場合はどちらのタイプかを試し、把握しておくのも良いでしょう。
 

新しい水に変える

自主的に飲んでいる量では、意外と足りていないかも・・・

自主的に飲んでいる量では、意外と足りていないかも・・・

わんちゃん用に用意している飲み水が古い場合、新しい水に変えるだけでも飲むケースがあります。古くなった水は、体調不良の原因にもなりかねないのでいつでも新鮮な水が飲める環境を整えましょう。
 

水分がたっぷり取れるレシピや野菜を活用する

水分補給には水を使うことがベストですが、そうもいかない場合もあります。その場合は、トマトやきゅうりなどの水分量が多い野菜、肉や魚の茹で汁、無調整豆乳などを与えてみるのも良いでしょう。また、書籍やインターネットなどを活用して、水分がたっぷりとれる犬ごはんや犬おやつのレシピを試してみることもおすすめです。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。