室内犬が増えてきている昨今、犬達は美味しそうな食べ物やらいろいろなものに囲まれて生活しています。その中には、彼らにとって危険なものも。大丈夫ですか?あなたの愛犬の周りは。

=Index=
・犬には危険なもの/食べ物編、犬には危険なもの/植物編
・犬には危険なもの/薬品系編、中毒かも?と思った時には

犬には危険なもの/食べ物編1

安全な食事を
犬に食べさせてはいけないものをある程度は知っておき、身の周りを安全に。
犬が食べると中毒を起こすものとしてよく知られているのはタマネギですが、中には、「うちのコはちょっとくらい食べても平気だよ?」という飼い主さんがいます。確かに、症状が出ないコもいます。しかし、一方では、死に至ってしまうケースもあるのです。症状が出ないコでも、実際は体の中でそれなりの反応が出ていますので、気をつけるにこしたことはありません。特に、お味噌汁などの汁ものや、ハンバーグなどの類いには要注意です。

以下、食べ物で中毒作用を起こすものを、いくつか挙げておきましょう。

タマネギ・長ネギ
有害成分:アリルプロピルジスフィド
症状:貧血、溶血性貧血、血色素尿、嘔吐、下痢、呼吸速迫、元気消失など。
アリルプロピルジスフィドが、赤血球中のヘモグロビンを変化させることで赤血球の膜が弱くなり、それが壊れることによって、貧血になってしまう。

ニンニク
有害成分:アリシン
症状:貧血、嘔吐、呼吸速迫、元気消失、接触性の皮膚炎など、タマネギ中毒と似たような症状。
摂取した量にもより、タマネギほどではない。この他、ニラやラッキョウなども注意を。

ジャガイモの芽・青色部分
有害成分:ソラニン
症状:嘔吐、下痢、胃腸炎、めまい、意識障害など。最悪、死に至ることも。
芽以外、花や葉っぱも注意。

トマト
有害成分:ソラニン
症状:ジャガイモの芽と同じく。
熟した赤いトマトは大丈夫。青い部分や茎には注意を。

犬には危険なもの/食べ物編2

タマネギ
貧血、溶血性貧血、嘔吐、下痢、元気消失、呼吸速迫などの症状を起こす。
チョコレート
有害成分:テオブロミン
症状:興奮状態、震え、多尿(尿失禁)、不整脈、運動失調、嘔吐、下痢など。最悪の場合、死に至ることも。
だいたい、テオブロミンの摂取量が100mg/kgくらいで、中毒症状が出てくるとされる。

ブドウ・レーズン
有害成分:高濃度ビタミンD3、アントシアニン、ポリフェノールなど。詳細は不明。
症状:嘔吐、下痢、急性腎不全、食欲不振、元気消失など。
ブドウの場合、体重1kgにつき、10g程度から30g程度で症状が出るよう。レーズン入りのパンなどは、勝手に食べられないよう気をつけたほうがいいかも。

コーヒー
有害成分:カフェイン
症状:興奮状態、震え、痙攣、運動失調、不整脈、呼吸速迫、嘔吐、下痢など。

キシリトール
有害成分:キシリトール
症状:嘔吐や、虚脱、運動失調、痙攣発作など低血糖の症状、低カリウム血症、肝機能障害など。
キシリトールガムなど、謝ってイタズラされないように。犬用のデンタルケア製品に入っているものは、極力、含有量が少なく抑えられているはず。

犬には危険なもの/植物編

スズラン
綺麗な花にも、中毒を起こすものがあり。スズランも、その一つ。
部屋やベランダ、庭先を飾る植物の中にも、犬にとっては危険なものがあります。散歩中にもそこここにある草花。何でも口に入れてしまうようなタイプのコは、特にお気をつけください。

以下は、身近な植物で、中毒作用を引き起こす代表例です。個体差もあり、また、摂取量などによって、すべての犬が中毒反応を起こすというわけではありませんが、この他に、まだたくさんありますので、少なくとも自分の家にある植物については、一度毒性について調べておくといいでしょう。

スズラン
有害成分:コンバラトキシン、コンバラマリン
症状:嘔吐、下痢、ヨダレ、多尿・頻尿、痙攣、麻痺、四肢の脱力、呼吸困難など。
花瓶に生けた場合、その水を飲んで中毒反応が出ることもあるので、犬には届かない場所に。

アロエ
有害成分:バルバロイン
症状:血色素尿、下痢、貧血、腎炎など。
皮下の、乳液状の部分に毒性があり。

水仙
有害成分:リコリンなど
症状:嘔吐、下痢、接触性皮膚炎、血圧低下、神経麻痺など。
花・歯・茎・球根、すべてに毒性があるが、特に、球根には注意。その他、特に球根に注意したい植物として、チューリップやユリなどもあり。

シクラメン
有害成分:サポニン配糖体
症状:胃腸炎、神経麻痺、痙攣発作など。
特に、根の部分に注意。この他、クリスマスシーズンを迎えると、よく目にするポインセチアも毒性あり(茎や樹液)。

次のページでは、薬品系のものの例を。