愛犬のウンチをチェックしよう

ウンチは健康のバロメーター

ウンチは健康のバロメーター

犬と暮らし始めたその日から必要になるのが、食事とトイレの世話です。食事の内容に気を配ることも大事ですが、オシッコや、栄養を摂り入れた後の残りかすであるウンチをチェックすることもこれまた大事。人間の場合でも「観便」の大切さを指摘する声は多く、その状態のちょっとした変化から体の異変に気づくことができます。それは犬であっても同じことで、愛犬の健康管理のためには毎日のウンチのチェックは欠かせません。


いいウンチって?

ウンチ

つかんでも形が崩れず、地面やトイレシートもあまり汚れない程度の硬さがあるのがよいとされる。


一般的に、犬のウンチは、処理をする際に手でつかんでも形が崩れず、地面やトイレシートにも汚れがほとんどつかない程度の硬さがある状態がよいとされます。ただし、食べているものがドライフードか、手作り食か、また、たんぱく質や繊維質の量など、食べたものの内容によって少しずつ違ってくるので、普段から愛犬のウンチの健康な状態を把握しておきましょう。

ウンチの色は、だいたい黄土色~焦げ茶くらいですが、食事の内容や体調によって若干違ってきます。

回数は、おおむね、食事をした回数にプラス1~2回といったところでしょうか。これも個体差があり、腸の働きなどによって、もっと回数の多いコ、少ないコもいます。

臭いについても食べたものによって左右されます。元来、肉や卵など動物性たんぱく質は腐敗も速いですから、食べる割合が多ければ、臭いの元となる腐敗成分も多くなるでしょうし、腸内環境が食べたものを消化しづらい状況であったり、消化しづらい食べ物を食べ過ぎたりすると、臭いもきつくなる傾向にあります。また、細菌やウィルス感染といった何らかの病気の影響で臭くなる場合や、食材・薬・サプリメントなどの臭いがそのままウンチに反映される場合もあります。

形状については筒型ですが、腫瘍のような病気の影響でウンチが細くなったり、形状に変化が出ることも。

こういったウンチの回数や色、臭い、形状、そしてウンチをする時の様子などは毎日チェックしたいものです。場合によってはウンチを崩し、どの程度消化されているか確認することも必要でしょう。


ウンチが硬い、便秘かな?

犬にも便秘はあるのか? 答えは、あります。

本来、大腸では余分な水分が吸収されてウンチが出てきますが、大腸に留まる時間が長いと水分が吸収され過ぎてウンチが硬くなり、コロコロとした細切れのウンチになりがちです。

それが続くと、便秘になってしまうこともあります。


便秘と関連がある状況や病気など

では、どんな状況が硬いウンチや便秘と関係するのでしょう? 考えられるものには、以下のようなものがあります。

  • 食事量が少ない
    食事量が少ないと、ウンチは硬くなりがちです。
     
  •  
  • 運動不足
    適度な運動は内臓の働きもよくします。
     
  •  
  • 高齢による消化機能の低下
    高齢になると体の筋肉が衰えてきますが、それは内臓の筋肉にしても同じこと。腸の働きが鈍ることで、便秘になることもあります。便秘にかかわらず、犬が寝たきりになり、自力で排泄できない場合には、ウンチをかき出してあげる必要が出てくることもあります。
     
  •  
  • カルシウムの過剰摂取
    カルシウムを過剰摂取した場合、ウンチの表面が白っぽくなり、まるで白い小石のような印象を受けることがありますが、カルシウムを過剰に与えると、四肢の骨格異常や亜鉛・鉄などの吸収障害につながることもあるので、子犬の成長期によかろうと添加している場合、与え過ぎにはご注意ください。
     
  •  
  • 病気の影響
    前立腺肥大、前立腺炎、前立腺の腫瘍、腸閉塞、会陰ヘルニア、腰痛など。腸閉塞では下痢になることもあるそうです。
     
  •  
  • 異物の誤飲
    上記の腸閉塞に関連して、石や靴下など異物を飲み込んでしまうことで便秘になるケースも。何でも口に入れてしまうタイプの犬では注意のしどころでしょう。
     
  •  
  • トイレトレーニングの問題
    トイレトレーニングの際に失敗を叱ってばかりいると、トイレをすること自体がいけないことだと思ってしまい、オシッコやウンチをしたくても我慢してしまうことがあります。この場合は、便秘と言うよりも、出したくても出せない状況と言ったらいいでしょうか。トイレトレーニングをする際には、失敗をさせないことが理想的であり、失敗をした時には叱らずに、さっさと片付けてしまうことをお勧めします。
     
  •  
  • トイレの掃除が不十分
    本来、犬は綺麗好きで、自分の巣穴ではウンチやオシッコをしない習性がありますから、トイレが汚れていると、上記のトイレトレーニング同様、ほんとうはしたいのに我慢してしまうこともあります。トイレトレーニングの途中であり、トイレまで誘導させる意味であえてオシッコやウンチの臭いを残している場合は別として、極力清潔を心がけたいものです。
  •  

次のページでは、下痢について。