ペットを亡くすのは、すごく悲しいことです。でも、それを理由にペットを飼わないというのは寂しいと思います。

ペットがくれるのは悲しみだけですか?

子犬
ペットと過ごした楽しい時間はかけがえのないもの
ペットを亡くす悲しみを知っている人は、ペットと暮らす楽しみや喜びも知っているはずです。亡くしたばかりのときは悲しい気持ちばかりで思い出せないかもしれませんけれど、ペットと暮らした日々すべてが悲しみだけだったはずはありません。

ペットといっしょに暮らした日々にあなたが経験した楽しい時間や嬉しかったことを思い出してください。ペットがいたから得られた幸せを思い出してください。たくさん楽しい時間を過ごし、幸せな出来事を経験してきたから、ペットが亡くなって悲しいのではないでしょうか。ペットは悲しみよりも多くの幸せをあなたに与え、ペットもあなたといっしょに楽しい時間を過ごしていたはずです。


おそれてばかりでは何もできません。

子ねこ
怖がらないで、一歩前に進んでみましょう
ペットを亡くした悲しみが大きくて、新しくペットを飼うのに勇気が必要になることがあります。これはきっと、ペットを愛したすべての飼い主が感じることだと思います。どうか、勇気を出すことをおそれないでください。

あなたの付き合っている人が、「あなたを好きだけれど、別れが辛いからあなたとは結婚しない」と言ったとしたら、あなたはどう感じますか? なぜそんな先のことを不安に感じるのかと、疑問に思うのではないでしょうか。もしあなただったらどうでしょう。何年後かの別れを危惧し、結婚することや誰かを愛すること、親友を持つことをあきらめますか?

日本人は、悪い事態を想定し、したいことややりたいことを自分で制限してしまう人が多いといいます。「通じなかったらどうしよう」と考えてしまい、学校でちゃんと教わっているのに英語をしゃべらない人が多いのも、自分で悪い事態を想定し、自分を制限しているからなのかもしれません。

でも、それでは、つまらない人生になってしまうかもしれません。悪い事態を考えないようにすることを勧めているのではありません。ただ、悪い事態をおそれ、したいことややりたいことを制限しないでください。おそれてばかりでは、あなたができること、あなたのすべきことまでできなくなってしまいます。

ほとんどすべてのペットは、あなたより先に死にます。だからこそ、いっしょに暮らしている間は、できる限りのことをし、かけられる愛情をすべてそそぐのだと思います。おそれるばかりではなく、悪い事態にならないように努力する勇気も持ってください。