お台場・臨海夜景をまるごと楽しむにはまずコチラ、『テレコムセンタービル』21階にある『テレコムセンター展望台』に出向きましょう。お台場の端、*青海地区に位置し、臨海副都心全体の夜景を観ることができるのが特長です。お台場にある施設の位置関係や建物のデザイン、時間の経過とともに刻々と変わる景色をぜひ上からご覧になってみてください。ガイドが過去の記事でご紹介した”お台場”の夜景スポットも確認できます。

『お台場2013-2014まとめ記事』、『東京のランドマークまとめ記事』としても楽しんでいただけたら嬉しいです。

お台場も臨海夜景も心ゆくまでゆったりと!『テレコムセンター展望台』

フリースペースに設けた椅子

フリースペースに設けられた椅子に座ってゆったりと空やランドマークの色の変化を味わおう

他の展望台ではあまり見かけない『テレコムセンター展望台』ならではの特長は、フリースペースにカウンター席やテーブル席が設けられていること。展望スペースも広く、ゆったりと椅子に座って窓の外の時や空の変化を楽しむことができます。ぜひ夕方に訪れて、刻々と移りゆく空のグラデーションを味わってください。特にマジックタイムといわれる日没前からの時間がオススメです。

百聞は一見にしかず、東京のランドマーク『東京ゲートブリッジ』、『レインボーブリッジ&東京タワー』、『東京スカイツリー』の夕陽をあびた姿から空が暗くなるにつれてライトアップが際立っていくまでの時の流れを写真でご覧ください。


ランドマークの夕景から夜景に変わる時(刻)を味わう『東京ゲートブリッジ』

『東京ゲートブリッジ』

茜色に染まった空と『東京ゲートブリッジ』

ライトアップの時を待つ『東京ゲートブリッジ』

日が沈み、ライトアップの時を待つ『東京ゲートブリッジ』

ライトアップが際立った『東京ゲートブリッジ』

空が藍色になりライトアップが際立った『東京ゲートブリッジ』


【関連記事】

■船上や高層階から「東京ゲートブリッジ」全方位夜景
今回の記事では『時間』を軸に、こちらの関連記事では『方位』に注目し、上下、色々な角度から観た姿を紹介しています。また、橋の構造や照明の基本情報も掲載しています。お台場にあるホテル グランパシフィック30階のLE DAIBA ダイニング&バー『スターロード』から観る『東京ゲートブリッジ』との見え方の違いも楽しんでみてください。

>>次のページでは、ランドマークの夕景・夜景『レインボーブリッジ』『東京タワー』編をお届けします。