Part3/Part4対策でまずやるべきこと

リスニング力をつけることが何より肝心

リスニング力をつけることが何より肝心

前回の記事「スコアアップと使える英語を同時に身につけるTOEIC勉強法」では、Part3とPart4では、「聞きながら解答する」というテクニックを使っている受験者が多いため、「リスニングテストなのにリスニングしていない」ということを指摘した上で、「もっと聞くことに集中して、リスニング力そのものを鍛えることが大切である」というお話をしました。

この記事では、「英語が聞こえる」ようになるために、具体的にどうすればよいかについてお話させていただきます。

まずは、問題を解き終えた後に、もう1度、「何も見ずに、純粋に放送文だけを聞いたらどれくらい理解できるのか?」ということをチェックしてください。

放送文の理解度で全てがわかる

私が主宰するスクールのレッスンでは、問題を解いてもらった後に、「先ほど問題を解いていた時は何パーセントくらいわかって、今度聞くことだけに集中したら何パーセントわかりましたか?」と、生徒さん一人ひとりに訊きます。

「さっきは20パーセントで、今聞いたら40パーセントくらい」という人(1)もいれば、「60パーセントが80パーセント」という高い理解度だった人(2)もいますし、「5パーセントが10パーセント」というように、そもそも英語が全然聞こえてこないタイプの人(3)もいます。

実は、「放送文そのものをどれくらい聞き取ることが出来るのか」をチェックするだけで、テストを受けなくても、大体の予想スコアは算出できてしまいます。つまり、「放送文の理解度が全て」と言っても過言ではありません。

(1)の人は、300点前後
(2)の人は、400点前後
(3)の人は、200点前後

ちなみに、リスニングセクションで満点(495点)を取る人は、放送文を平均80~90パーセントは理解できているはずです。

私はこの理解度を教えてもらっただけで、「あなたは350点くらいは取れそうです」「あなたは450点取れてもおかしくないリスニング力を持っています」、「あなたはおそらく200点台ですが、そもそもTOEICを受ける以前にやらなければいけないことがあります」と、ある程度は予想でき、対応策も提案することができます。

(1)の人は、聞くことに集中できるような解き方に変えつつ、リスニング力そのものも上げていく必要があります。

(2)
の人は、後は正しい解き方を身につけるだけで、スコアアップできます。

(3)
の人は、そもそも英語が聞こえないので、聞こえる体質に変えるための努力を最優先させる必要があります。逆に、体質改善をしない限り、いくら問題演習をしても空回りする可能性が高いです。