TOEICスコアだけ取れればいい?

TOEICは本来、実用的な英語力を測ることを意図された試験ですが、その対策
TOEIC

TOEICで目標スコアを取った先のことも見据えた学習が必要

においては、英語力アップよりもスコアアップを優先してしまう傾向があります。その結果、小手先の試験テクニックに走ったり、ただ問題を解くだけになってしまい、肝心な英語力があまり上がらないという状況に陥ってしまうことが多々あります。

そのような形で800点や900点を取得した場合、スコアに見合った英語運用能力が身についていないことが多く、「TOEICで高いスコアを取っても、英語を使えるようにはならない」というのが、一般的な見方になってしまっています。

もちろん、転職や昇進などのために高いスコアを取ることは必要です。しかし、目標スコアを取った後のことも見据えて、TOEICの勉強をしながら、「使える英語」も同時に身につけていくべきだと私は思うのです。

目標スコアを取ると、どうなるか?

ここで、多くの人が目標とする800点や900点を取得した後のことをちょっと想像してみてください。

TOEICで高いスコアを持っていると、それだけ英語を使う機会を与えられる可能性も高くなります。海外出張に行ったときや、外国からクライアントが訪ねてきたとき、海外支社とテレビ会議をするときなどに、「〇〇さんはTOEIC〇〇〇点なのだから、当然英語を話せるはずだ」と周りの人から思われ、頼りにされるかもしれません。

そんなとき、あなたは、「私はTOEICのスコアが高いだけで、実は英語を使うことはほとんどできないんです……」とは言いたくないですよね。

できることなら、「任せてください。私はただスコアが高いだけでなく、英語を使うこともできますので」と、自信を持って宣言したいものです。