英検よりもTOEICが大事?

特に大学生や社会人の方々が、英検とTOEICについて次のようなことを言うのをよく耳にします。

「就職で有利なのは英検ではなくTOEICだ」
「たいていの企業では、TOEICスコアが昇進試験の受験資格として採用されている」
「時代はTOEICだから、英検なんて受けても意味がない」

「ちょっと待ってください!」と、私は言いたいです。

確かに、TOEICで高いスコアを持っている方が、就職や昇進では有利なことが多いかもしれません。しかし、英語力を測定する物差しという本来の試験の目的からすると、英検はTOEICよりも劣っているということは決してありません。(実際、「英検1級」の社会的な評価はTOEIC900点よりも高いです)

2級~1級の2次試験では、スピーキング力を見る面接試験がありますし、準1級と1級では、ライティング力も求められます。TOEICではリスニングとリーディングの2つの技能しか要求されませんが、スピーキング力とライティング力も測定されるという意味では、英検の方がよりバランスの取れた試験であると言えます。
(スピーキングとライティングに特化したTOEIC SWテストというものがありますが、受験者数が極端に少ないのが現状です)

英検とTOEICの関係

本当は役立つ英検2級、準1級、1級

本当は役立つ英検2級、準1級、1級

とかくTOEICと比べて「役に立たない」というレッテルを張られがちな英検ですが、英語力を計る物差しや目標として利用するという意味では、とても役に立ちます。
実際、TOEICの英語には偏りがあるため、700~800点を持っていても、英検準1級を取れない人も多いですし、900点を持っている人で英検1級にも合格できるという人は10人に1人もいないでしょう。
また、TOEICを受けるにはまだ十分な英語力がないという初級者にとって、英検2級は受験しやすい試験です。リスニングのスピードもTOEICのパート3や4ほどには速くないですし、読解問題の英文の量もTOEICのパート7と比べたらずっと少ないので、「時間切れ」になることもほとんどないはずです。

英検はTOEICのスコアアップにも役立つ

上記の理由から、TOEICで300~400点の人は、500点以上のスコアを取るために、まず英検2級を目指されるとよいでしょう。2級レベルの基礎的な英語力を身に付けてから、本格的なTOEIC対策をした方がスコアも伸び易くなります

また、TOEIC600~700点台で伸び悩んでいる人は、英検準1級の勉強をすると、スランプから抜け出せることがあります。というのも、英検準1級で問われる語彙の方が、TOEICよりも抽象度が高く、長文も難解であるため、TOEICのビジネス文書が簡単に感じるようになるからです。たとえ準1級に合格できなくても、その対策をすることによって、TOEICで700~800点を取るための英語力も同時に身に付きます。