第3位 とにかく「大丈夫?」の一言!

集団から遅れて歩いてくる女性や仕事で困った顔をしている後輩にはまずはこの一言!「私を気遣ってくれている」という印象を与えます。

応用編としては、
  • 「寒くない?大丈夫?」(冬場はこのままですが、夏場はエアコンは女性にとって大敵!お店に入っても声をかけてあげて下さい)
  • 「足痛くない?大丈夫?」(ヒールの女性は履き慣れていても長時間の移動は苦痛です。定期的に休憩を)
この必勝ワードを使いこなせるようになれば女性はあなたにも自然と優しくなっていきます。

第2位 コートやバッグを持ってあげる

ほんの一瞬!だけでOK

ほんの一瞬!だけでOK

これは、男性の皆さんにはプライドが邪魔をして実践しにくい事例のよう感じますが、実は荷物を持ってあげる時間は一瞬でいいのです。特に冬場、お店を出るときに女性は身支度が多いものです。コートを着て、マフラーを巻いて、お座敷での飲み会ならブーツを履くにも一苦労。そんな時「(バック)持っててあげるよ!(笑顔」」と手を差し伸べて下さい。コートを着せてあげるのは上級者ですが、一時的に身の回りの荷物を持つくらいなら簡単にできますね。


第1位 お店に入るときにドアを開けてあげる

見たことない笑顔に巡り合える?!

見たことない笑顔に巡り合える?!

意外とできていない基本中の基本。同僚とのランチやコンパなどの飲み会のとき、お店のドアの前に立ち、「お先にどうぞ」と笑顔で一言!自分の前を通ってもらうことで距離も近くなり、ドキドキ感を与えることもできます。

さて、上記の5つのエスコート法。意外と簡単ではないでしょうか?エスコートなんてハリウッド俳優かイケメン君にしか似合わないと思っていた方でもさりげなく実践できる内容の物ばかり。ターゲットの女性でなくても、女性に優しくできる男性がモテる時代です。気の利くあなたをみている誰かが新しい出会いを持ってきてくれるかもしれません。まずは出来そうなことから実践してみて下さいね。これまで見たことのない、あの子の笑顔を見る事が出来るかもしれませんよ?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。