蕎麦がうまい、天ぷらがうまい、つゆがうまい、そばや 吟匠庵

ginshoan4

かき揚げがついたせいろ盛りは人気メニュー。平日だと、白いお蕎麦“白雪”と普通のお蕎麦の2種のせいろ盛りも楽しめます

宮崎にはうどん屋は多いけど蕎麦屋がない、と県外の方から言われることがあります。たしかに宮崎はうどん文化。でも、美味しい蕎麦屋は宮崎にもちゃんとあるんです。

『吟匠庵』は、宮崎神宮そばの、口コミでツウが通う本格的蕎麦のお店。蕎麦は椎葉産など国内産蕎麦を使用し、宮崎ではめずらしい辛口寄りの蕎麦つゆは、鰹出汁の風味が広がる、スッキリとした味わいです。最後に蕎麦湯で割ったウマさは格別で、いい素材でつくっていることがよくわかります。
ginshoan3

せいろ天盛りに、平日限定の柚子きり蕎麦をつけて二種の蕎麦を楽しめる(1500円)

こちらの人気メニューは蕎麦に天ぷらがついた“せいろ天もり”(いわゆる、天ざるそば)。天ぷらは 8種類の季節の野菜(タラの芽、れんこん、紫芋、マイタケ、かぼちゃなど)に、海老が2匹。この美味しさ、この内容で、この価格(1350円)。非常にまっとうなお店だと思います。

素揚げに近いほど薄くてサックリした衣は、抹茶塩でいくつでも食べられそうなおいしさ。お蕎麦は温(かけそば)、冷(ざるそば)いずれも選べます。

ginshoan1

BOSEのスピーカーから流れるBGMのジャズに、店主の粋を感じる

また、平日限定で変わり蕎麦がメニューに入ります。冬限定メニューの“柚子きり蕎麦”は、さわやかなレモンイエローのお蕎麦に、なんともいえない香り高い柚子の風味が感じられ、冬の旨味を五感で満喫できる一品です。

もともとのお蕎麦がおいしいからこそ上手く引き出された柚子の風味、そばつゆもいらないほどのうまさに、店主の職人魂を感じます。

大根やきゅうり、夏場のゴーヤなど、添えられた浅漬けも丁寧なお味で、ちょっと真似したくなるようなおいしさです。ほかにも、冬季限定“五ヶ瀬産の天然猪そば”など限定メニューや、ぶっかけスタイルの“田舎そば”もおすすめです。

玄関まわりの植栽が品よく、蕎麦を楽しめる演出や心配りがあちこちに感じられる吟匠庵。BGMにはジャズが流れ、初めての人でも、ひとりでも落ち着ける空間です。

ginshoan2

玄関にはいるアプローチに期待が高まります

■そばや 吟匠庵
住所:宮崎県宮崎市神宮西1丁目17番地
TEL:0985-22-1519
定休日:月曜日、第1火曜日
火~日:11:30~15:00/17:00~21:00(L.O.20:30)
アクセス:JR宮崎駅より車で約10分 、宮崎神宮、宮崎県立図書館より徒歩1分
地図:Yahoo!地図
※駐車場あり
※予約不可のため、早めに行くか時間をずらすことをおすすめします。