あ、これ、間違いなくいい靴だ!

外羽根式プレーントウ

RENDOの外羽根式プレーントウです。シンプルですが活用の範囲が抜群に広い、このブランドを主宰する吉見氏一押しのモデルです。他のモデルもそうですが、レザーソール仕様は出し縫いはシンプルに前半分のみ。一方ダイナイトラバーソール仕様はそれを全周させるのも特徴です。アッパー:黒のみ。ソール:レザー・ダイナイトラバー。サイズ:6~9.5。税込み価格3万9900円(RENDO TEL:03-6802-3825)

昨年の勤労感謝の日あたりから、飯野のところに紳士靴関係の複数の方から似たようなメールを頂くようになりました。

曰く「12月に、間違いなく気にいる紳士靴ブランドとその直営店が浅草にできるので、まずはお店に遊びに行ってみて下さい」「日本の紳士靴作りが、今後どう成長して行くのかを占うブランドになると思うので、オールアバウトで採り上げてくれると嬉しいのですが」「自分とはハッキリ言ってライバルと言うか商売敵になってしまうのですが、このブランドはどうか成功して欲しい」(以上全て原文のママ)

商売敵の方からもエールがいただけるなんて、これは相当に期待が持てるじゃないですか。早速年明け早々、このお店を見に浅草に出向くと、靴と目が合った瞬間、身体に電気が走りました。あからさまなデザイン上の特徴こそ見当たらないものの、その分全体のバランスに優れ、そして作りの丁寧さが際立っていたからです。作り手の思いが何気なくもしっかり刻みこまれた靴、とでも申したらいいのでしょうか。確かにこれは皆さんの仰る通り、日本の紳士靴をまた一歩前に進める存在になる!

と言うことで今回と次回はこの靴、すなわち昨年の12月に浅草に開店したばかりの紳士靴店RENDO(レンド)の靴について、熱く語らせて下さいませ。

まずはこのRENDO、どんな方が立ち上げたブランドなのか、次のページでご紹介!