健康管理や愛情表現などの理由で、愛犬のごはんを手作りされる方がとても多くなりました。その反面「仲良しの犬友達がブログにアップしていたから」「流行ってるから」「健康に良いって聞いたから」のように“なんとなく”で作っている方も多いのではないでしょうか。
野菜

体調や体質に合わせてオーダーメイドが可能です。


そもそも、なぜ愛犬のごはんを作る必要があるのか

愛犬のごはんを手作りしている方に聞いてみると、多くの方が「うちの子が口にするものを把握できるから」「気になる症状をケアできるから」「保存料や香料などの添加物は避けたいから」「食物アレルギーのある食材を避けられるから」といった理由を挙げられます。

このような健康面だけの理由だけではなく「尻尾を振ってごはんを食べてくれた事が嬉しくて。こんなに喜んでくれるなら、続けてみます!」と、愛犬のとの心の繋がりを重要視している方も多くいらっしゃいます。

食材の量や内容で、体調に合わせて微調整出来ることに加えて、心の健康にも大きな充実感を得られる事が、愛犬にごはんを作るメリットと言えます。また、基本的に常に同じ食材が使われているドッグフードと異なり、季節に合わせた食材を取り入れられることも、大きなメリットです。このように「自分が愛犬の為になぜごはんを作ろうと思ったのか」を明確にしておくと、流行の健康法や新発売のサプリメントの種類などに惑わされる事が少なくなります。

inu

人間の体に体質があるように、犬の体にも体質があります。

栄養バランスが崩れると病気になる?

手作りごはんを続けて行く上で“栄養バランス”を心配される方も多いでしょう。では、犬にとっての栄養バランスとは、一体何でしょうか?ペットフード(総合栄養食)として販売する為には、AAFCOという機関が発表している栄養素ごとの基準量を満たしている必要があります。ですが、この基準は、全てが事細かに設定されているものではありません。カロリーや各栄養素の量は目安であり、わんちゃんの体質によって差があることは珍しい事ではありません。

数字だけの体調管理に囚われてしまうと、体に合っているのかどうかの判断を忘れがちになります。寒い季節に体を冷やす食材を取りすぎない、暑い季節には体の熱を発散してくれる食材を選ぶといった“自然とのバランス”も忘れないようにしましょう。

また、栄養バランスが崩れることを恐れて、自己判断で色々なサプリメントを与えてしまうと、逆効果になってしまうこともあります。サプリメントなどで補う前に、基本の食事内容を見直す必要があります。

では、具体的にどのように作ればいいのでしょうか?次のページで解説します。