inu

気負わず始められるのも魅力♪

「愛犬のごはんは、作った方がいいのかもしれないけど、栄養学やバランスなどが難しくて挑戦できない…」そんな方にオススメなのが“トッピング犬ごはん”です。

 

“トッピング犬ごはん”ってなに?

トッピング犬ごはんとは、通常与えているドライフード(カリカリ)に色々な食材を乗せてあげる犬ごはんです。完全手作り食と、ドライフードの中間にある犬ごはんのスタイルです。完全手作り食に移行する期間に取り入れることもあります。また、「完全手作り食は不安や心配が多いけれど、何か手作りごはんの要素を取り入れてあげたい!」という飼い主さんが好むことが多いです。


栄養バランスは大丈夫?

「完全な手作り犬ごはんでは、栄養バランスが心配だけど、トッピングならベースはドッグフードだから安心」と、感じることから取り入れる方が多くいらっしゃいます。ただ、ベースがドッグフードであるからこそ、一つの食材を長期に渡ってトッピングに使い続けるのは、おすすめ出来ません。カリカリとも呼ばれるドッグフードは、正式には総合栄養食と言われ、“これと水だけで必要な栄養素を補える”という目的で作られているからです。

ですが、ドライフードの製造過程でどうしても失われてしまう栄養素を取り入れることが出来たり、飼い主さんの愛情をダイレクトに感じられる事も“トッピング犬ごはん”の魅力です。


市販のドッグフードってダメなの?

手作り犬ごはんの話や、トッピングの話を聞くと「市販のドッグフードってダメなの?」と感じてしまうことも多いでしょう。手作り犬ごはんにメリットとデメリットがあるように、市販のペットフードにもメリットとデメリットがあります。だから、どちらが良い悪いではなく、わんちゃんの体調と飼い主さんのライフスタイルに合わせて選んでいけば良いのです。

では、具体的にどのような食材を、どのようにトッピングしていけば良いのでしょうか?次のページでお伝えします。