酵素を補うために、本当に必要なこと

解説

大切なことは日頃の食事から栄養を補給し、体内酵素を活性化させること

では健康のために酵素ドリンクを摂ること自体、意味がないことなのでしょうか。まずは、これらのドリンクを飲む目的を明確にしなければなりません。ただ単に酵素を補いたいということが目的なのであれば、体内にある酵素の働きを活性化させてあげることに注目すべきです。

そこで取り組みたいことは、体温のアップです。今は低体温の方がとても多い時代。体温が理想よりも1度低いだけで、なんと体内酵素の働きは50%も低減してしまうといわれています。そもそも体温の低い人が冷えた酵素ドリンクを飲んで余計に体温を低くしてしまうことは大問題。さらに白砂糖をたっぷり摂ることで血液はドロドロに。健康のために飲んでいるのにこうなってしまっては本末転倒ですね。

また、体内酵素の働きに関与している重要なミネラルである、マグネシウム、亜鉛。これらの不足が現代人は目立っています。バランスのよい食事や良質なサプリメントなどでこれらのミネラルをしっかり摂取することも体内酵素を活性化させることに役立ちます。


酵素ドリンクの正しい選び方

解説

植物発酵エキス100%のものを自分で薄めて飲みましょう

ここまで書くと、いかに意味のないものかと思われたかもしれません。いえ、そんなことはありません。そもそも酵素ドリンクの一番のメリットは、微生物によって作り出された栄養素によって、栄養価が飛躍的にアップしている点にあります。また微生物の発酵分解の作用により、多くの成分が低分子化されており、消化への負担が激減するのです。ファスティング(断食)に利用されることが多いのはそのためです。

ファスティング(断食)とは、絶食ではなく、食事を植物発酵エキスに置き換え、その間に内蔵を休め、体内をリセットさせ、解毒作用を促すものです。人工甘味料や余分な糖、添加物が含まれておらず、薄めていない100%の植物発酵エキスを選びましょう。さらに糖もしっかり単糖に分解されているものが安心です。

また、飲み方としては、日常生活にプラスして飲むというよりは、朝食や夕食代わりに置き換えたり、1日や3日以上のファスティング(断食)を行う際の栄養補助として飲むべきでしょう。日常生活にプラスして高カロリーな酵素ドリンクを飲む場合は、かなりの糖分を摂取することになるという事実を十分に知っておくべきです。

どんなに素晴らしい健康商品でも、まずは自分自身がそれらをしっかりと理解して、目的をもってとり入れなければ意味がありません。それをとり入れることでのメリットとデメリットを理解することです。魅力的なキャッチフレーズや広告に惑わされずに、本当に今自分の体に足りていないものは何なのか、そこから見つめ直してみるとよいかもしれません。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。